I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居!

今日は朝から気温が上昇し、庭先を箒で掃いているだけで汗ばんできた。

本日、4月16日は私が初めてこんぴら歌舞伎大芝居を観に行く日である。
気持ちいいくらい青空が冴えて、初夏を思わせる陽気に一層心が弾む。

偶然チケットが手に入ったから行くのよと、昨日までは少し冷めたように周囲に話していた私はどこへやら。
とても楽しみにしていた様子が外からもバレバレな今朝の私だった。


2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居4

こんぴーくんとでんちゅうくん


ご存知、四国こんぴら歌舞伎大芝居は金毘羅さんの麓、金丸座と呼ばれる日本最古の芝居小屋で毎年4月に開催される。
今年は8日から23日までの16日間、片岡仁左衛門さんを筆頭に、襲名されたばかりの五代目中村雀右衛門さん、片岡孝太郎さん、尾上松緑さんという贅沢な顔ぶれが揃っている。

私の席は桝席「へ-1」。
花道脇の最前列だ。
本当に見事なまでの前列で、黒子はもちろん舞台の隠し棚までよく見えた。
役者さんのおしろいの匂い、火薬の匂いやらも直に届き、囃子や太鼓の音は真横から。
そして花道に立つ役者さん達はほぼ真上、首が痛いのを除けば臨場感溢れるいい席だった。
仁左衛門さんの軽やかな立ち回りとは裏腹な噴き出した汗もよく見えた。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居5


演目は3つ。
第一幕は孝太郎さんが娘お舟を演じる「神霊矢口渡」、
第二幕が雀右衛門さん登場の「忍夜恋曲者」、
第三幕は江戸っ子演じる仁左衛門さんの舞踊が見られる「お祭り」だった。

それぞれに魂が吸い込まれそうなほど見入っていた私だったが、なにせ歌舞伎観劇そのものが初めてということで、初っ端の孝太郎さんから参ってしまった。
一挙手一投足、微妙な目の表現、拗ねた顔にやけた顔。
思わず吹き出す場面も胸に迫る場面も、どれもこれも鮮明に覚えている。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居3

「神霊矢口渡」という話は、鎌倉幕府滅亡から南北朝時代を描いた軍記物語「太平記」にある新田義興の最期を素材にした浄瑠璃の一場面で、讃岐ゆかりの平賀源内が書いたものらしい。
といっても歌舞伎の話、軸となるのは恋話。
孝太郎さん扮する渡し守の娘お舟が義興の弟の義峯に一目ぼれするところから話は動き出し、義峯の身代わりに切られて虫の息になりながらも必死で彼を守ろうとする姿は目を逸らすことができないほど素晴らしかった。
衣装の美しさにさえ目がいかないほど孝太郎さんに釘付けだったんだなと、幕が引かれて初めて気がついた。

こんなふうに十分堪能したこんぴら歌舞伎。
狭い桝席で隣り合った者同士、芝居小屋らしく観劇の合間に和気あいあい仲良くなったのも楽しかった。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居6

なかなか手に入らないこんぴら歌舞伎のチケットではあるが、当日券が余っていることもあるという。
こんぴらさんまで車で15分、きっと来年も足を運ぶ自分がいそうな、そんな気がする。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居


スポンサーサイト

久しぶりのバレエ鑑賞。

お盆の帰省ラッシュのさなか、兵庫県は西宮市の県立芸術文化センターへ車を飛ばした。
2月にチケットを取って半年、ずっと楽しみにしていたのだった。

私がバレエに興味を持ったのは10年ほど前のこと。
NHKのEテレで毎週日曜日の朝に放送されていたパリ・オペラ座の元エトワールの男性によるバレエ講座を偶然目にした際、これほど優雅な世界があるのかと衝撃を受けたのがきっかけだった。

テレビとはいえバレエとの出会いがパリ・オペラ座というのは、ツイテいるというべきか、ツイテないというべきか。
世界最古の世界最高峰のバレエ団の、元トップの踊りを観たことで、生で観るなら完璧な美しさを求めるようになってしまった。
といってもバレエの薀蓄には興味はなく、その夢のような舞台に憧れを抱くのみ。


マリインスキーバレエ


今回鑑賞したのは、昨年亡くなった20世紀最高峰のバレエダンサーと名高いマイヤ・プリセツカヤを追悼してのガラコンサート。
出演は、パリ・オペラ座と同じ世界三大バレエ団のひとつ、ロシアのマリインスキー・バレエ団である。

演目のひとつが「白鳥の湖」というのも、楽しみに拍車をかけていた。
というのも、これまで私が実際に劇場で観たバレエは「コッペリア」と「ジゼル」のみで、クラシックバレエの定番中の定番である「白鳥の湖」とは縁がなかったからである。

真っ白な衣装で身を包んだバレエダンサーの踊りに最も似合うのが白鳥じゃないかと、私はずっとそう思っていた。
バレエ=白鳥の湖、白鳥の湖=バレエという、バレエのバの字も知らない者が誰しも思う固定観念。(笑)
しかし実際に観た後も、その考えは変わっていない。

白鳥以上に白鳥らしい可憐さと優雅さに惹きこまれた時間。
息をするのさえ忘れて吸い込まれていった世界。

幸せだった。


最後にみせてくれた「瀕死の白鳥」も、今時の表現でいうなら「美しすぎる」ものだった。

曲はおなじみ、サンサーンスの「白鳥」。
Wikipediaによると、湖に浮かぶ一羽の傷ついた白鳥が生きるために必死にもがき、やがて息絶えるまでを描いた小作品だそうで、私の最もお気に入りのバレエとなった。

ちなみに、その「瀕死の白鳥」も「白鳥の湖」もこのマリインスキーバレエ団から誕生したもの。
ロシアにはマリインスキーといい、ボリショイといい、素晴らしいバレエの土壌がある。
手足の長いロシア人のバランスのよい美しい体系も抜きにしては語れないのかも。

きっと伝説のプリマであったプリセツカヤの白鳥も、言葉では言い尽くせない美しさだったのだろう。


20世紀最高のバレリーナがプリセツカヤなら、きっとまだ見ぬ21世紀最高のバレリーナを求めて、これからはバレエに触れる機会を増やしていきたいと密かに思う。

世界情勢がもう少し落ち着いてきたら、パリにロンドンにモスクワに、そしてサンクトペテルブルクへとバレエ鑑賞の旅もいい。
そんな夢みる私である。(笑)



9年越しの思い、実る。

ぽかぽか陽気の中、現代狂言を観てきた。


『現代狂言X』


03-12 1.現代狂言(於・金丸座)


ナンチャンこと南原清隆さんと狂言和泉流九代目野村万蔵さんによるこの舞台も、今年で早10年になるそうだ。
私は9年前に一度、「現代狂言2」を高松で観たことがある。

今回久しぶりに足を運ぼうと思ったのは、公演場所が旧金比羅大芝居・金丸座であったから。

こんぴらさんの麓にある金丸座は、天保時代に造られた現存する日本最古の芝居小屋。
毎年四月には金毘羅歌舞伎が盛大に執り行われるのだが、そちらはチケット争奪戦がかなり激しく、地元でありながら金丸座での観劇は半ば諦めていたのだから、この公演を知った時には即飛びついた。

一度、江戸時代の人々の気分で観劇するのも乙だと思った。


03-12 2.現代狂言(於・金丸座)


9年前、高松出身のナンチャンが香川県民ホールで凱旋公演をした際には、観客の多くがナンチャンの親戚や友人だったこともあり、ナンチャンの緊張度合いが手に取るように伝わってきたが、

場数も踏み、自身の演じる狂言にも自信がついてきたのか、今日は堂々と声もよく通っていて気持ち良かった。


この現代狂言は二部構成であり、一部では通常の古典狂言を、二部で新作現代狂言を演じる。

以前は古典狂言を演じるのは和泉流狂言師の方達ばかりだったが、いつからかその古典にも多くの芸人さん達が参加をし、しかもナンチャンが主役を演じ、しかもしかもそれがすっかり板についていたのには驚いた。
さすがだと思った。

金丸座の舞台に立つ、ということが許されたことも大きな自信と誇りになったのだろう。


03-12 3.現代狂言(於・金丸座)


その中で、やはり素晴らしかったのが万蔵さん。

初めて彼の舞台を観た時の、登場するだけで舞台上にぽっと灯りを灯した存在感は今もはっきり覚えている。

オーラがあるだけじゃなく、場の空気を変えられる人だと私は思う。

そのオーラだって、たぶん無我なのか。
自由自在にオーラを操り、決して表立っていなくとも知らぬ間に万蔵さんを目で追っている自分に気づく。

当然のこと、所作も自然で美しい。

二度目の今日も、万蔵さんから目が離せなかった。


運が良かった私は花道のすぐ脇の席で観劇でき、花道上で何度も立ち止まる万蔵さんをちょうど真上に見ることができた。
近くで見れば、はいている袴の絵柄は現代狂言の題材に用いられた京都は高山寺に伝わる国宝・鳥獣戯画。

凛々しいお顔を見上げながら、やっぱり「大好き!!! 万蔵さん!!!」と思っていた。(笑)




このチケットは、先月誕生日を迎えた母への少し遅いプレゼントとして用意したのだが、母が喜んだのはもちろん、一番はしゃいでいたのは万蔵さん好きの私だったのではないかと思う。


そして、ナンチャンが舞台前のあいさつで、「大いに笑って、健康になって帰ってください」と言っていたが、

最も元気の源になったのは、終演後の握手だったに違いない。


03-12 4.現代狂言(於・金丸座)
「へー4」


そう、花道の脇の席だけの特権。


82歳の母もすっかり娘時代に戻っていた。(笑)

私にとっても、9年越しの片思いの相手とふれあった貴重な時間だったことは言うまでもない。






現代狂言X   於・旧金毘羅大芝居(金丸座)
平成二十八年 三月 十二日(土) 午前十一時開演

・古典狂言 「千切木 ちぎりき」
     太郎      南原 清隆
     連歌の当屋   野村 万蔵
     太郎冠者    佐藤 弘道
     連歌の仲間   平子 悟
             岩井 ジョニ男
             森 一弥
             石井 康太
             大野 泰広
             三浦 祐介
     太郎の妻    ドロンズ 石本 


・新作現代狂言 「不思議なフシギな鳥獣茶会」  
                作・南原清隆、野村万蔵(補助) 演出・野村万蔵、南原清隆(補助)
     現太郎     南原 清隆
     太郎冠者    野村 万蔵
     和ウサギ    佐藤 弘道
     時計ウサギ   森 一弥
     ハートの王様  野村 万禄
     ハートの女王  岩井 ジョニ男
     主人      平子 悟
     次郎冠者    大野 泰広
     カエル     ドロンズ石本
             石井 康太
     ウサギ     河野 祐紀
     フクロウの精  三浦 祐介


本来、狂言は能楽堂で演じられるのが常である。
しかし旧金毘羅大芝居は大衆向けの歌舞伎小屋であり、奈落や廻り舞台、すっぽんなどの舞台仕掛けがあるのだが、今回は歌舞伎の三百年も昔からある狂言ということで、それら一切は使用されていない。
     



劇団四季ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』☆

劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』。
多くの人の「凄くいいよー!」って声にずーっと観たかったから、地方公演を行うと知って興奮気味にチケットを取った。

四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』には、ジャポネスクバージョンとエルサレムバージョンとがあるが、今回はエルサレムバージョン。
私は日本調にアレンジしたものではなく自然な表現を好んでいたので、その夢も叶った。


1621947_599080573552579_2623154703633313324_n.jpg


そして その期待を胸に観たものは、これまで見たミュージカルとは異なる意味ですごく良かった。


イエス・キリストといえば、プロテスタントの保育園に通っていた私はクリスマス会の劇中で聖母マリアを演じたことがある。
イエス誕生の劇で、イエス役は人形だったから主役はマリア役のこの私。
地味な私が主役の座を射止めたのは、髪が腰まで長かったからだと記憶している。(笑)

あの時、イエス・キリストは生まれながらに神の子であり、すでにスーパースターだった。
そう教えられていた私には、その偉大なる救い主の悲痛な叫びなど考えもしなかった。


しかし、今日目の前にいたイエスは違った。


苦悩に打ちひしがれる姿に、私が彼を救いたい、そう思った。

そこにスーパースターはどこにも居なかった。
いや、スーパースターであったかもしれないが、一人の傷ついた男だった。
十字架に架かることが逆に彼の救いになるんじゃないかとも思った。

演出はもちろん、それはイエス演じる神永東吾さんが醸し出す独特の雰囲気とオーラゆえでもあるだろう。
ユダもマグダラのマリアも素晴らしかったが、私はイエスにくぎ付けになった。


だが、ユダ役の芝清道さんもさすがだった。
ユダに対する印象も解釈も、このミュージカルと芝さんの勢いと迫力ある演技によって180°変わった気がする。

ユダだって、イエスを愛するがゆえの、愛しすぎたゆえの裏切りだったんじゃないか。


聖書の世界を詳しく知りたい、そう思うようになった。

神の子ではなく普通の人間としてのイエス、
裏切者ではなく愛情深いが弱くもある一人の人間としてのユダにまた会いたいと思った。


マグダラのマリアの歌声にも胸が震えた。

近頃 涙腺が緩んでいるのか、感情移入しすぎて泣けてしまった。

KODO☆

ちょっと興奮気味で沢山喋っていい?(笑)

いやぁ、凄かった!
いやぁ、良かった、良かった!
ほんとぉーに良かった!!

今でも油断したら、頭の中でぐるぐる回る笛や太鼓のリズムに合わせて踊り出しそうだ☆

ついさっき、高松で「鼓童」の公演を観て来た。

鼓童といえば太鼓ってイメージしかなかったけど、総合芸術なんだねー。
いやぁ、ホントお見事☆

演者の皆さんがまたカッコいいこと!(≧∇≦)
鍛え上げられた肉体美にも惚れ惚れしたよ。
あぁ、飛び散る汗にまで痺れた!(*^^*)

もう6年くらい前になるかな、ソウルで「NANTA」を観た時以来のこの興奮☆
あの時も自分を取り戻すのにかなりの時間を要したのを覚えてる。

昨年 プラハやドレスデンのゴージャスな歌劇場でバレエやオペラを鑑賞した時も胸踊ったけど、それらとはちょっと違う。
アドレナリンの分泌される場所が違うのかなー(笑)、「鼓童」や「NANTA」はアジアの血が騒ぐんだよね。

荒れ狂う日本海に呑まれる感じ、そして最後は「お祭りだー!」って弾んだ心が止まらなかった。

いやぁ、本当に感動した☆

いつか佐渡島まで追っかけちゃいそうな勢い!(笑)

このカテゴリーに該当する記事はありません。