Welcome to my blog

I love Salzburg

CATEGORY PAGE: 観劇・ライヴ

ボリショイ・バレエ。

先月18日、大阪のフェスティバルホールへ「ボリショイ・バレエ」を観に行ってきた。世界にある名高いバレエ団の中で、私がどうしても憧れてやまない響きがこの「ボリショイ」。たぶん、ロシアの持つミステリアスなイメージが私を惹きつけてやまないのだろう。といっても、四国の片田舎で暮らす私がバレエと触れる機会はこれまでもほんの僅かで、趣味はバレエ鑑賞というにはおこがましい。おこがましいのだけれども、有名なバレエ団...

第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居!

今日は朝から気温が上昇し、庭先を箒で掃いているだけで汗ばんできた。本日、4月16日は私が初めてこんぴら歌舞伎大芝居を観に行く日である。気持ちいいくらい青空が冴えて、初夏を思わせる陽気に一層心が弾む。偶然チケットが手に入ったから行くのよと、昨日までは少し冷めたように周囲に話していた私はどこへやら。とても楽しみにしていた様子が外からもバレバレな今朝の私だった。ご存知、四国こんぴら歌舞伎大芝居は金毘羅さん...

久しぶりのバレエ鑑賞。

お盆の帰省ラッシュのさなか、兵庫県は西宮市の県立芸術文化センターへ車を飛ばした。2月にチケットを取って半年、ずっと楽しみにしていたのだった。私がバレエに興味を持ったのは10年ほど前のこと。NHKのEテレで毎週日曜日の朝に放送されていたパリ・オペラ座の元エトワールの男性によるバレエ講座を偶然目にした際、これほど優雅な世界があるのかと衝撃を受けたのがきっかけだった。テレビとはいえバレエとの出会いがパリ・オペ...

No image

9年越しの思い、実る。

ぽかぽか陽気の中、現代狂言を観てきた。『現代狂言X』ナンチャンこと南原清隆さんと狂言和泉流九代目野村万蔵さんによるこの舞台も、今年で早10年になるそうだ。私は9年前に一度、「現代狂言2」を高松で観たことがある。今回久しぶりに足を運ぼうと思ったのは、公演場所が旧金比羅大芝居・金丸座であったから。こんぴらさんの麓にある金丸座は、天保時代に造られた現存する日本最古の芝居小屋。毎年四月には金毘羅歌舞伎が盛大に...

No image

劇団四季ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』☆

劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』。多くの人の「凄くいいよー!」って声にずーっと観たかったから、地方公演を行うと知って興奮気味にチケットを取った。四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』には、ジャポネスクバージョンとエルサレムバージョンとがあるが、今回はエルサレムバージョン。私は日本調にアレンジしたものではなく自然な表現を好んでいたので、その夢も叶った。そして その期待を胸に観...