Welcome to my blog

I love Salzburg

CATEGORY PAGE: 旅行記 ウィーン '03.12月

No image

クラシックのお好きな方には、、、。

手前がモーツァルト記念碑、右がシューベルトのお墓です。【'04.01.01】『ウィーン中央墓地』240ヘクタールもの広大な敷地に、音楽家や画家など多くの著名人を含めた300万人を超える人々のお墓があります。中でも、「楽聖特別区」の"第32A区"には、ベートーベン、シューベルト、シュトラウス父子、ブラームスといった大作曲家たちが数多く眠っています。敷地内の並木道は、映画「第三の男」に登場したもの。 * * *「私が中央墓地へ...

No image

『M.FREY ~WINE~』

*『M.フライ・ヴィレ』の指輪。'04年1月2日、ウィーンのシンボル"シュテファン寺院"の裏手にあるショップで、私はこの子と出会いました。^^『FREY WILLE ~フライ・ヴィレ』の高級エナメルアクセサリー。四国に住む私は、ウィーンを訪れて初めて、そのエキゾチックなデザインの、芸術性の高いアクセサリーの存在を知りました。『フライ・ヴィレ』は1951年に創業、1983年より高級エナメルと24金を合わせたジュエリーを製作し始めまし...

No image

Cafe Central

*どこよりも優雅で長い歴史を持つウィーンのカフェ文化。『カフェ・ツェントラル』はそんなウィーンの中でも特に美しい、フェルステル宮殿にあるムード漂う素敵なところです。彼の名は「Gunter H.Schneider」。1939年9月、ウィーン生まれ。【'04.01.01オーストリア時間】ここ数日、私はずっと「エリザベート」の世界から抜け出せないでいます。仕事中も頭の中ではその曲達が流れています。毎晩一人になるのを待ちかねて、ミュージ...

No image

Ich gehor nur mir...

*マリア・テレジアイエローに輝くウィーン『シェーンブルン宮殿』。そこは誰もいない、2F大ギャラリー【'04.01.01】盛り上がった大晦日の夜も明け、NEW YEARはひっそりと、そして"ピンッ"と張り詰めた空気に包まれて朝を迎えます。積もった雪を踏みしめながら、私はまだ薄暗い中 ホテルを出ました。8:30、シェーンブルン宮殿は開きます。遅くまで騒いではしゃいだウィーンっ子達も、観光客もまだ眠っているのでしょうか。。私の他...

No image

21世紀のトルテ戦争

*有名なザッハー・トルテ【ウィーンの老舗 ホテル・ザッハーにて '04.01.02】本場ウィーンのカフェを巡る・・あるTV番組でそんな内容のものがありました。「あっ! コーヒーを飲みにウィーンへ行きたいな!」これが私とオーストリアの出逢いです。「トルテ戦争」をご存知ですか?1952年から10年間も続いた裁判。トルテをめぐり、本家「ザッハー」と王宮御用達「デーメル」の戦いです。経営が苦しくなったザッハーは、伝統あるデーメル...