I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

去勢手術。

愛犬クリスを飼いはじめて半年ほど経った頃に、動物病院の先生から「この子は停留睾丸だから、去勢手術しとかなくちゃ後々癌化するよ、」と言われていた。

それまで全く気付かなかったが、言われてみると確かに一つの玉が鼠蹊部当たりから降りてない。

「冷たくしないといけない睾丸が体内にあることで、常に温められている状態が続くことで腫瘍化する」という説明だった。

すぐさま手術を予約したが、いざ当日になると麻酔やメスを入れることが可哀想になりキャンセルし、それから八年の年月が経過した。


すると、今度は新しく飼ったウルスも停留睾丸だという。 しかも両玉とも。

「去勢しましょう。二つとも見えるところにあるので、手術は簡単ですよ」と言う先生の言葉を、だが今回も無視しようと思っていた。


ところが、先週の金曜日のこと。

何気なくクリスを抱っこすると、右側の鼠蹊部周辺が異常に膨れている。
間違いなく睾丸が大きくなっているのが分かった。

私は一瞬で青ざめた。 

腫瘍化している。

すぐさま病院へ駆けつけ、この際二匹とも去勢手術に踏み切ることにした。


手術は、6月16日の火曜日。
前日の午後9時から食べ物も飲み物もやらないようにとの指示だった。



私にとって、いや二匹にとっても水も飲めない前日はとても長い時間だったと思う。
のどが渇くのか、「はぁ、はぁ」辛そうに息をするのが明け方まで続いた。
それを聞くだけで、私も眠れない夜だった。

当日は小雨が降り、その湿り気でのどの渇きが少しましになったように見えた。


手術は、朝9時から。
まずは怖くてじっとしていられないウルスから行うことになっている。
私が傍にいる間に麻酔を打つためだ。


4本目の注射が麻酔薬だった。
痛みがあったのか、少し暴れて小さい体で必死に私にしがみついたウルスに、この時手術を後悔した。

しばらくしがみついていたウルスに麻酔が効き始めると、力が抜けたのかふっと軽くなった。
目をあけたまま眠る姿は、まるで死んでしまったようにも見えた。
その姿と軽くなった感覚が、以前飼っていた愛犬ヨンサマが死んだ瞬間を思い出させ、またも私は後悔した。



その後、眠ったウルスと、何も知らずに籠の中で待っているクリスを病院に置いて帰宅。

けれど、その日は一日中二匹のことが気になって気になって、何も手につかない状態だった。

やっぱり、あんな小さな体に麻酔なんてやめればよかった。
腫瘍のあるクリスは仕方ないにしても、癌化するかどうかもわからないウルスまでメスを入れる必要なんてなかったのに。

ずっと、ずーっと後悔した。

二匹の元気な姿を見るまで、ずーっとずーーーっと後悔していた。



午後4時、迎え。
奥からエリザベスカラーをさせられた二匹が変わらぬ足取りで駆け寄ってきた。

良かった、無事に終わった。

大袈裟ではなく、この時やっと生きた心地がした。



2015-06-16クリス去勢手術.jpg

2015-06-16ウルス去勢手術.jpg


2日経った今、ほとんど変わらず元気いっぱいだ。
唯一、ウルスはエリザベスカラーが邪魔で邪魔でわがままがひどくなったくらい。

けれど、元気ならそれでいい。



まるで宇宙服を着ているみたい。(笑)

2015-06-17ウルス、2015年宇宙の旅.jpg

ウルス、2015年宇宙の旅!
取り越し苦労が終わって、私もやっと冗談が言えるまでになった。









スポンサーサイト

マーガレットの花畑。

この時期、大好きな音楽を流しながら海岸線をドライブするのが楽しみ。

昨日は少し季節を先取りして、BGMはTUBEにしてみた。 
大学時代、よく聴いたなぁ。。。(笑)

お気に入りの海岸線は香川県西部に伸びる荘内半島で、ここを走るだけで心に平静が戻る。
いや、春や夏はわけもなくウキウキしてくる、そんな場所。


その半島の途中に「うらしまフラワーパーク」という花畑があって、4月下旬から5月中旬にかけてマーガレットが満開を迎える。
マーガレットの季節に訪ねたのは去年が初めてなのだが、どうやら20年前から花畑として手入れされてるんだとか。

もうそろそろ今年も見ごろだろうか。


11015477_685306531596649_2972175853529631460_n.jpg



2015-04-24うらしまフラワーパーク.jpg



2015-04-24マーガレット花畑.jpg



愛犬2匹も気持ちよさそう。
鶯も競い合って美声を披露してくれた。





おしおき? では、ありません。

2015-04-21ウルス・口輪3.jpg


別にアヒルを飼い始めたわけでもありません。(笑)

わが家の愛犬ウルスは、私の父が亡くなってからワガママがひどくなり、慣れた人に甘噛みをするようになりました。
甘噛みでも、尖った犬歯は狂暴になりかねず。

特に母ともう一匹の愛犬クリスを噛むようになり、その時は甘噛みを超えるくらいキツく感じます。

叱ると、亡き父が座っていた椅子の下に潜り込んで拗ねるのです。
たぶん、寂しさの裏返しの行動なのでしょう。

そして、父の代わりに自分がしっかりしなくちゃと、ボスにでもなった感じです。(笑)

可愛くて愛おしいそんなウルスですが、今日は久しぶりにカットの日。
いつもお世話になってる美容師さんにまで噛みつきそうになったので、仕方なく口輪をすることにしました。

といっても、美容院でのわずかな時間だけなので、家では変わらず元気いっぱい噛んでます。

2015-04-21ウルス・口輪2.jpg

2015-04-21ウルス・内輪.jpg


記念写真を数枚。
モノクロにしたら、まるでアヒルさんですよね。(笑)


車にて・クリス&ウルス2.jpg




ウルスの成長。

わが家に来て早1年4ヶ月の愛犬ウルス。

手のひらに乗るほど小さかったウルスも、今ではお兄ちゃんポメラニアン・クリスに負けないくらい大きく成長した。

改めてその過程を写真で追うと、大人になるまでに色んな容姿の変化があったんだなあと、可笑しいやら懐かしいやら。

折角なので、ここにもそれを残しておこうと思う。

2013.5.6.jpg
2013年4月

2013.4.29-2.jpg
2013年5月

2013061705.jpg
2013年6月

2013.5.28.jpg
2013年6月

2013.6.15.jpg
2013年6月(生後100日目)

2013.6.18.jpg
2013年6月

2013.8.26.jpg
2013年8月

2014.3.7-2.jpg
2014年3月(1歳誕生日)

2014.3.7-3.jpg
2014年3月

2014.3.7-1.jpg
2014年3月

2014.5.29.jpg
2014年5月

2014.7.6.jpg
2014年7月

2014.7.26-1.jpg
2014年7月

2014.8.27-1.jpg
2014年8月

2014.8.27-2.jpg
2014年8月

途中鼻の頭の毛も抜けて、顔中の毛が抜け去った時など一体どんな成犬になるのか心配もしたが、名前の通りなかなかイケメンになったようで安心した。

ウルス(Urs)はドイツ語の語源で熊。
小さなシロクマくんみたいになったのも、その名前ゆえか?(笑)



最後にクリスの笑顔いっぱいの写真もここに。

2016.7.26-C.jpg

幼かったクリスも今では8歳。
老犬の仲間入りにしては純粋な可愛さは変わらない、、、と思うのも飼い主の贔屓目か?

私がUrsを買った理由(わけ)。

確か、4月の20日過ぎだったと思う。
11月に死んでしまった私の愛犬ヨンサマが、私に語りかけてきたような気がした。

「picchu姉ちゃん、僕、もう生まれ変わって 姉ちゃんのすぐ傍まで帰って来たよ。」

不思議だが、本当にそんな気がしたのだ。


私はすぐさま車を飛ばした。 行き先は、ヨンと出会ったペットショップ。
第六十六番札所・雲辺寺がある雲辺寺山の麓、「犬の学校」と看板の立つ店だ。

そこはペットショップと呼ぶには相応しくない店で、まるで牧場のような臭いのする、ハエがぶんぶん飛んでいるそんな場所。
外に並べられた沢山のゲージには、今にも飛び出そうな キャンキャン煩い犬達でいっぱいだった。

そんなところにヨンがいたの?と言われそうだが、
チワワが大流行した9年前、どの店先からもポメラニアンが姿を消したことがある。
そんな中、その「犬の学校」だけがポメラニアンを売っていた。


帰って来るならここかもしれない。
私はそう思い、クリスを連れてヨン(の生まれ変わり)を探しに行ったのだった。

しかし、どの子も違う。 違う気がする。
あまりの煩さに怯えるクリスを抱いて、私はがっかり立ち去った。


それでも、ヨンの声がする。
ヨンを庭に埋める時、私とヨンしか知らない約束があった。

やっぱりヨンは帰って来たんだ。


そんな時だった。
ある昼下がり、新しくできたペットショップが偶然目に入った。

いつ出来たのだろう? 軽い気持ちで覗いてみた。

そこに居たのが、Ursである。
目が合った瞬間、可愛く首を傾げ、「僕だよ!」って言った気がした。

私はクリスに相談もせず、その日のうちにUrsを家に連れ帰った。

2013061705.jpg

2013051303.jpg


今、Ursとクリスはこんな感じ。

20130522.jpg

微妙な距離感。。。

実は、人一倍(犬一倍?)臆病者のクリスはUrsが怖い。

思いっきり飛びついてくるせいもあるだろうが、ひたすら逃げて逃げて逃げ回る。
しかも、絶対にUrsと目を合わさない。(苦笑)

Picture051113_112723.jpg

20130515.jpg

確かにいきおいあるよな、この子。


なので、クリス一匹だけの時間も大切にするようにしている。

2013051201.jpg


ヨンが生まれ変わり、どこからか私を呼んだことは確かだと思う。


じゃあ、Ursがヨンの生まれ変わりか、、、

ということについては、う~ん、少々疑問を抱き始めた今日この頃である。

このカテゴリーに該当する記事はありません。