I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居!

今日は朝から気温が上昇し、庭先を箒で掃いているだけで汗ばんできた。

本日、4月16日は私が初めてこんぴら歌舞伎大芝居を観に行く日である。
気持ちいいくらい青空が冴えて、初夏を思わせる陽気に一層心が弾む。

偶然チケットが手に入ったから行くのよと、昨日までは少し冷めたように周囲に話していた私はどこへやら。
とても楽しみにしていた様子が外からもバレバレな今朝の私だった。


2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居4

こんぴーくんとでんちゅうくん


ご存知、四国こんぴら歌舞伎大芝居は金毘羅さんの麓、金丸座と呼ばれる日本最古の芝居小屋で毎年4月に開催される。
今年は8日から23日までの16日間、片岡仁左衛門さんを筆頭に、襲名されたばかりの五代目中村雀右衛門さん、片岡孝太郎さん、尾上松緑さんという贅沢な顔ぶれが揃っている。

私の席は桝席「へ-1」。
花道脇の最前列だ。
本当に見事なまでの前列で、黒子はもちろん舞台の隠し棚までよく見えた。
役者さんのおしろいの匂い、火薬の匂いやらも直に届き、囃子や太鼓の音は真横から。
そして花道に立つ役者さん達はほぼ真上、首が痛いのを除けば臨場感溢れるいい席だった。
仁左衛門さんの軽やかな立ち回りとは裏腹な噴き出した汗もよく見えた。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居5


演目は3つ。
第一幕は孝太郎さんが娘お舟を演じる「神霊矢口渡」、
第二幕が雀右衛門さん登場の「忍夜恋曲者」、
第三幕は江戸っ子演じる仁左衛門さんの舞踊が見られる「お祭り」だった。

それぞれに魂が吸い込まれそうなほど見入っていた私だったが、なにせ歌舞伎観劇そのものが初めてということで、初っ端の孝太郎さんから参ってしまった。
一挙手一投足、微妙な目の表現、拗ねた顔にやけた顔。
思わず吹き出す場面も胸に迫る場面も、どれもこれも鮮明に覚えている。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居3

「神霊矢口渡」という話は、鎌倉幕府滅亡から南北朝時代を描いた軍記物語「太平記」にある新田義興の最期を素材にした浄瑠璃の一場面で、讃岐ゆかりの平賀源内が書いたものらしい。
といっても歌舞伎の話、軸となるのは恋話。
孝太郎さん扮する渡し守の娘お舟が義興の弟の義峯に一目ぼれするところから話は動き出し、義峯の身代わりに切られて虫の息になりながらも必死で彼を守ろうとする姿は目を逸らすことができないほど素晴らしかった。
衣装の美しさにさえ目がいかないほど孝太郎さんに釘付けだったんだなと、幕が引かれて初めて気がついた。

こんなふうに十分堪能したこんぴら歌舞伎。
狭い桝席で隣り合った者同士、芝居小屋らしく観劇の合間に和気あいあい仲良くなったのも楽しかった。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居6

なかなか手に入らないこんぴら歌舞伎のチケットではあるが、当日券が余っていることもあるという。
こんぴらさんまで車で15分、きっと来年も足を運ぶ自分がいそうな、そんな気がする。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居


スポンサーサイト

『食は、人の天なり』

今月頭に京都を訪れた。
職場の元施設長との日帰り二人旅。

その折、彼女からこんなことを教わった。

「朝起きて、一日一回身支度をきちんと整えて外出する、
 一日十回は笑う、
 一日百文字を書く、
 一日千文字を読む、
 そして一日一万歩歩くといいようですよ」

日ごろスマホやパソコンに触れるようになって全く文字を書かなくなったことを改めて反省した。
書かないと書けなくなる。

そこで、本を読むときに曖昧に理解している言葉をノートに書きだし、きちんと確認した意味を書き留めることにした。
書かないといい加減に解釈している単語のいかに多いことか。



今、私は八年ほど前に出版され話題となった時代小説「みおつくし料理帖シリーズ(髙田郁著)」を読んでいる。
この5月に黒木華さん主演でドラマ化されるのを知りやっと手にした次第。

全十巻あり、残りは一冊、十巻目のみとなった。
今月10日過ぎから読み始めたのだが、面白くて次から次へと手が伸びる。
料理帖シリーズであるからそこに描かれる料理の品々も心惹かれるし、髙田さんの柔らかく豊かな表現からも学ぶことが多い。
このシリーズを読んでいると、毎日感謝して頑張ろうと思えてくる。

さて、その中で「生麩」が登場する話がある。
京坂では馴染み深いのに江戸では見かけない食材、生麩とは文字通り乾いていない生の麩。

「串に刺して、味噌をつけて炙った生麩田楽ほど美味しいものはないですよ。豆腐と違ってもちもちしていて、炙ると焦げ目が」
思わず涎が出そうになって、澪は慌てて口を押えた。



ちょうど先日、京都は美濃吉本店・竹茂楼で昼食をとった際、口に入れた途端に思わず唸ってしまった一品がその生麩田楽だったことを思い出した。

私が初めて生麩を食べたのは、確か四国霊場第87番札所長尾寺で戴いた菜懐石だったと記憶している。
その時も麩のイメージを180°変えたその味と舌ざわりに驚いたのだが、さすがは美濃吉、今思い出しても感動が胸に広がる。

2017-03-02美濃吉本店・竹茂楼


主人公である澪が自分の進むべき料理人としての道、それがはっきり見えたところで九巻目が終わった。

『食は、人の天なり』

食は命を繋ぐ最も大切なものだ。ならば料理人として、食べるひとを健やかにする料理をこそ作り続けたい。
澪は潤み始めた瞳を凝らして自身の手を見つめる。
叶うことなら、この手で食べるひとの心も身体も健やかにする料理をこそ、作り続けたい。
この命のある限り。そう、道はひとつきりだ。
「食は、人の天なり……」


作り手はその一心で料理する。

一心で無心。

だからいつまでも感動が残るのか。

いい本に出合った。





ノーベル賞授賞式に参加して④・・・香川高専詫間専攻科2年春日貴章(四国新聞)

④ 大隅先生と対面 <「仲間大切に」と助言>

2016年ノーベル生理学・医学賞受賞者である東京工業大学の大隅良典栄誉教授とは、日本大使館主催のレセプションで直接お話しさせていただくことができた。
私は非常に緊張していたが、実際に話してみると気さくでおおらかな方であるように感じた。
「それぞれ一つずつアドバイスを頂けますか」というお願いにも快く応じてもらった。

前日の記念講演や報道の内容から、大隅先生が共同研究者の方々を大切になさっているように感じていたため、「特にチームで研究を行う上で気を付ける点はありますか」と質問したところ、「若いうちから仲間を見つけて、大切にすること」というアドバイスを受けた。
自分なりの解釈ではあるが、損得抜きに助け合える仲間は貴重であり、年齢を重ねると見つけにくいという意味も込められているように感じた。

もう一人の日本人参加者で京都大学大学院の松本明宏さんの「良い研究テーマとはどのようなものでしょうか」という質問に対しては、「目先の結果だけでなく、5年、10年先を見据えたテーマを考えることが大切」と助言されていた。

ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)ではノーベルレセプション、授賞式、晩さん会などに参加した。
どれも華々しく、きらびやかなシーンが印象に残っている。
私は現在、工業を志していることもあり、今後ノーベル賞を強く意識することはあまりないかもしれない。
それでも地道に研究に取り組んだ結果がいつか報われるという瞬間をこの目で見られたことは、研究に対する大きなモチベーションになった。
日頃から視野を広く持つよう意識していたが、より広い範囲にアンテナを張り、仲間を大切にして協力しながら研究にまい進したいと、強く思わされた8日間だった。

今春からは大学院に進学し、新しい分野で研究活動を続けていく。
研究分野を変えることもあり、これから多くの困難や挫折が待っていると考えられるが、今回のセミナーやこれまでの活動を通して得てきた経験を糧に、一歩ずつ地道に取り組みたい。
そして、これまで支援していただいた地元香川、ひいては日本に少しでも貢献できるような成果を上げることが将来的な目標である。
=おわり=

ノーベル賞授賞式4





ノーベル賞授賞式に参加して③・・・香川高専詫間専攻科2年春日貴章(四国新聞)

③ 華やかな舞台 <羽織はかま姿で参加>

ノーベル賞授賞式と晩さん会は、普段の生活からかけ離れた華やかな舞台だった。
目の前にある光景なのに、どこか現実感が湧いてこなかった。
ただ、テレビや新聞でしか見ることがなかった場面に立ち会っているのだという思いで、胸がいっぱいになった。

当日のドレスコードはタキシードもしくは伝統衣装となっており、せっかくの機会だと思い、私は紋付き羽織はかまで参加した。

授賞式では、ステージを正面から見下ろせる2階席という素晴らしい場所に座ることができ、生演奏をする楽団やスウェーデン王室の方々、そしてノーベル賞授賞者の皆さんの様子がよく見えた。
生理学・医学賞を受賞した東京工業大学栄誉教授の大隅良典先生へのメダル授与の瞬間も間近で見ることができ、同じ日本人として誇らしく、純粋にうれしかった。

晩さん会では1千人規模の招待客やテーブルの上に並べられた光り輝くカトラリー(ナイフやフォークなど)、天井に映し出された幻想的な映像など、会場の雰囲気をよく眺めることができた。
晩さん会は約4時間続き、前菜、主菜、デザート、各種アルコールといったメニューに加えて、楽器を用いたオペラ風のショーも楽しめた。
料理はどれもおいしく、これまで食べたことのないような凝ったものばかりだった。

当日の2日前に初めて習った拙いテーブルマナーだったが、会場の雰囲気が素晴らしく、そんなことが気にならないほど楽しい時間を味わえた。

この後は会場の2階に上がり舞踏会が始まった。
はかま姿だったため不安もあったのだが、一度だけ踊った。
これも2日前に基本だけ習った。
そんな状態だったので、とてもうまく踊れたとは言えないが、ダンスの輪の中に入って、パートナーと体を左右に揺らしているだけでも舞踏会の空気感を楽しめた。

また、羽織はかま姿は他の招待客やストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)参加者から見ても珍しかったらしく、「一緒に写真を撮ってほしい」とお願いされたり、服装について褒められたりすることも何度かあった。
現地まで持っていき、一人で着付けするのは大変だったが、そのかいは十分にあった。

ノーベル賞授賞式3




ノーベル賞授賞式に参加して②・・・香川高専詫間専攻科2年春日貴章(四国新聞)

② 世界の若き科学者 <積極性を見習うべき>

ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)のスケジュールは濃密の一言。
朝7時から夜11時までみっちり予定が詰まっている日もあった。
アメリカ、中国、イスラエル、南アフリカといった18カ国24人の参加者、コーディネーターを兼ねた現地大学生と8日間を共に過ごした。

選考過程や人数は国によって異なっており、例えばアメリカでは全国規模の科学コンテストの入賞者4人程度が参加の機会を得ることができ、日本では国際科学技術財団(東京)による選考を経て派遣される。
共通としているのは、18歳から24歳までという点と、全員それぞれ独自の研究テーマを持っている点であり、医学、薬学、流体力学、電子工学、さらに植物学まで、幅広い分野の研究を行っていた。

参加者同士の話題は多岐にわたった。
文化の紹介や、米大統領選、イギリスEU離脱などの世界情勢、そしてもちろん、それぞれの研究に関する説明や議論もあった。
自身の放射線の遮蔽(しゃへい)方法学習教材に関しても多くの指摘があり、そして現在の福島の状況を問われるなど、興味を持ってもらうことができた。

自分よりも数歳若い他の参加者と交流していく中で最も気になったのは、18歳や19歳という年齢でどうやって研究活動に取り組めたのか、という点だった。
数学や物理といった理論の世界では、特別な設備なしに研究を行うことが可能かもしれないが、化学や薬学といった世界ではどうじても専門設備が欠かせない。
聞いてみると、高校1、2年のころから自分で大学の研究室にお願いして設備を貸してもらっていた、という人が複数いた。
自分も低学年の時から、ものづくりコンテストなどに積極的に取り組んでいるつもりだったが、当時の自分に大学の教授に直談判するという発想も度胸もなく、そういった積極性や主体的に物事に取り組む姿勢には、見習うべき点が多いように感じた。

交流は非常に刺激的だった。
自分の専門外の事柄であっても貪欲に知識や経験を吸収しようとする姿勢からは、多くのことを考えさせられた。
自身の研究をキラキラした目で語る彼らは学生という枠を超えて、立派な一人の若手研究者であるように感じた。

ノーベル賞授賞式2



このカテゴリーに該当する記事はありません。