高いトコロはお好き?

この季節になると訪ねたくなるのが大歩危峡。俳句が趣味であった祖父がその景色を好んで詠んでいたこともあり、母を隣りに乗せて昔話をしながら車を走らせる。今年はそこから少し足を延ばして、祖谷渓を訪れてみることにした。有名な祖谷のかずら橋までは行っても、そこから奥となるとまだ二、三度しか赴いたことがない。明治30年から約20年かけて造られた道路は片側が断崖絶壁、細い急カーブの連続で、隔絶された深山幽谷と形容さ...

大塚国際美術館へ行って来た。

これで二度目。徳島県の鳴門の渦潮のすぐ近くに、陶板で作られた原寸大の世界中の名画を一堂に会した美術館がある。「ボンカレー」で有名な大塚グループによって平成10年に開館された大塚国際美術館で、そこには地下3Fから2Fまで1000点以上もの作品が展示されている。車を1時間半飛ばし、その大塚美術館へ行って来た。前回は2010年、5年ぶりの訪館だった。美術館の駐車場には四国外からの車でいっぱい、館内でも遠方からの来館者で...

鯉のぼり。

毎年この季節、徳島県の大歩危峡まで鯉のぼりの川渡しを見に出掛ける私だが、でも、一番好きな鯉のぼりはやっぱりこの景色。四万十川が発祥の川渡しは、いつのまにか数を競って町おこしの一環になってるみたいだけど、鯉のぼりはやっぱり一軒一軒の庭先で、甍の波の上を家族揃って泳いでもらいたい。気持ちよさそうにたなびく鯉のぼりをあちこち眺めながら、今日は徳島の美馬市にあるギャラリーカフェを訪れた。今回は、「トラビス...

私、変わった。。。

どんどん行こう!近頃、地元ラブな私。(笑)それは、一ヶ月ほど前に友達に教えてもらった喫茶店がきっかけになった気がする。嬉しいことに、わが家から車で10分も掛からないその店は、見上げると葡萄畑が連なる山の麓、私の住む町の外れにある。納屋を改造したという建物に、今の季節なら奥さま手作りの和風のれんが涼を呼ぶ。出入口には大きな瓶の中で泳ぐ立派な出目金がお出迎え。ひと手間もふた手間もかけ、その上にもう一つ手...

今日は、秘境の秋。

小さい秋を集めている私は、今日は徳島県三好市の大歩危峡まで走ってみた。まさに山の麓の裾模様はこれからといったところ。だから欲張って、もう少し山奥の秘境と呼ばれる祖谷のかずら橋まで足を伸ばした。たぶん、今はかずら橋よりもその道中の紅葉が人を喜ばせる。深緑をバックに赤や黄色や黄緑色が錦を織り、時折 紅を差したような はっとする鮮やかな色に目が覚める。昨日までの小さい秋は、知らぬ間にここまで深まっていた。...