Welcome to my blog

I love Salzburg

CATEGORY PAGE: 滞在記 クライストチャーチ '01.7月~3月

思い出は消えない。

ロイター通信。【クライストチャーチ大聖堂が取り壊しへ、NZ地震で被害大きく】昨年2月にニュージーランドのクライストチャーチを襲った地震により被害を受けた大聖堂が取り壊されることが決まり、その131年の歴史に幕を閉じることとなった。同大聖堂が2日、発表した。同市中心部にあり、観光名所にもなっていたクライストチャーチ大聖堂は、死者185人を出したマグニチュード(M)6.3の地震で一部倒壊するなど、大きな被害を受...

No image

いつまで続くのでしょうか?

ロイター通信。【ニュージーランドのクライストチャーチ近郊で23日、マグニチュード(M)5.8の地震があった。警察は人的被害の報告はないとしたが、負傷者1人が病院に搬送されたとの報道もある。同国当局によると、震源地は同市北東20キロ、震源の深さは8キロ。最初の地震発生後、M5.3を含む強い余震が続いた。津波警報は発令されていない。住民の1人は地元ラジオ局に対し、「とても激しかった。棚に置いてあった食べ物が床に落...

No image

I miss you so much.

私の住む町と中国上海市普陀区とは姉妹都市を結んでいます。その普陀区から昨日、日帰りで私の勤める老人ホームへ視察団(5人)が研修に来られました。今年は、夏にも 西安から3人の実習生の受け入れがあり、中国との縁の深い一年となりました。そして、こんな時、私はふと思うのです。中国からの来苑者の中に、NZ時代の親友・エリックがいたらいいな~って。エリックは、クライストチャーチの語学学校で知り合った外国人学生の...

クライストチャーチ・ニュース (その3)

【NZの地震被災地が復興計画案、低層ビルや追悼施設】ニュージーランド南島クライストチャーチ市は11日、市中心部の復興計画案を公表した。高層ビルで多くの犠牲者が出た教訓から、市中心部の建物を7階建てまでに制限する。公園や緑地を増やし、犠牲者追悼施設を設ける。再建期間は10年以上で、事業費はおよそ20億NZドル(約1280億円)。復興計画案は市民や専門家から寄せられた10万件以上の要望を考慮した。今後、改めて市民...

クライストチャーチ・ニュース (その2)

【NZ地震の地に仮設大聖堂、日本人設計「復興象徴に」】2月のニュージーランド南島クライストチャーチ市の地震で半壊し、再建のメドがたたないクライストチャーチ大聖堂の代わりとなる仮設大聖堂の建設計画が浮上し、世界的に有名な日本人建築家の坂茂さんが無償で設計を担当することが4日、分かった。坂さんは、「復興の象徴になれば」と願っている。仮設聖堂は、地震発生から1年になる来年2月22日の完成をめざす。設計案による...