I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

思い出は消えない。

ロイター通信。

【クライストチャーチ大聖堂が取り壊しへ、NZ地震で被害大きく】


昨年2月にニュージーランドのクライストチャーチを襲った地震により被害を受けた大聖堂が取り壊されることが決まり、その131年の歴史に幕を閉じることとなった。

同大聖堂が2日、発表した。


同市中心部にあり、観光名所にもなっていたクライストチャーチ大聖堂は、死者185人を出したマグニチュード(M)6.3の地震で一部倒壊するなど、大きな被害を受けた。

その後も続いた強い余震で被害はさらに拡大していた。


同大聖堂のビクトリア・マシューズ主教は「(取り壊しの)決定は、一番に安全性を考慮し、熟考を重ねた結果」だとし、

歴史的な特徴を損なわないように2、3メートルの高さまで慎重に取り壊すと説明した。

ブルドーザーや鉄球は使わないとしている。


パーカー市長はこの決定を「胸が張り裂けるようだ」とコメントし、クライストチャーチ大聖堂の取り壊しを残念がった。


* * * * * * *


覚悟はしていましたが、この決定には パーカー市長と同じで、私も「胸が張り裂けそう」です。

大聖堂側としても、本当に辛い決断だったと思います。

ですが、これが新しいクライストチャーチへの第一歩になるのなら、受け入れるしかないのですね。




imageCA5JGW95.jpg


クライストチャーチ大聖堂へ、これまでありがとう。

もう一度だけ、会いたかったな。

でも、みんなの思い出の真ん中に、これからも大聖堂は存在し続けるよね、きっと。


(写真は借り物です。)

スポンサーサイト

いつまで続くのでしょうか?

ロイター通信。

【ニュージーランドのクライストチャーチ近郊で23日、マグニチュード(M)5.8の地震があった。
警察は人的被害の報告はないとしたが、負傷者1人が病院に搬送されたとの報道もある。

同国当局によると、震源地は同市北東20キロ、震源の深さは8キロ。
最初の地震発生後、M5.3を含む強い余震が続いた。津波警報は発令されていない。

住民の1人は地元ラジオ局に対し、
「とても激しかった。棚に置いてあった食べ物が床に落ち、グラスや絵の額縁も落ちた」と話した。

地元ラジオ局によると、ショッピングセンターやオフィスにいた人たちは、建物の外に避難した。
スーパーなどでは、陳列棚から商品が落ちるなどの被害があり、液状化現象や落石の報告もある。
また、電力会社によると、1万5000世帯で停電が起きている。

発生当時、ショッピングセンターでは、クリスマス直前ということもあり、買い物客らでにぎわっていた。
強い地震の発生を受け、一部の道路はクライストチャーチを脱出しようとする住民の車で渋滞しているという。

クライストチャーチでは今年2月、M6.3の地震があり、日本人留学生を含む182人が死亡した。
同市内では、現在もなお立ち入りが制限されているところがあり、復興作業が進められていた。

同市のボブ・パーカー市長は、
「ここまで長い道のりだった。余震は終わったと皆が思っていた。タイミングが最悪だ」
とした上で、通常の生活に徐々に戻りつつあった市民には心理的にも影響するはずだと語った。

警察当局は、ビーチにいた4人が落石により閉じ込められたが、無事救助されたとし、2月の地震で損壊した建物2棟が倒壊したと発表。
クライストチャーチ空港は、ターミナルや滑走路の点検のため閉鎖された。】




涙はもう枯れ果ててしまいました。

どうか神様、やっと前を向いて歩き始めた人達を、街を、これ以上 傷つけないでください。

I miss you so much.

私の住む町と中国上海市普陀区とは姉妹都市を結んでいます。

その普陀区から昨日、日帰りで私の勤める老人ホームへ視察団(5人)が研修に来られました。

今年は、夏にも 西安から3人の実習生の受け入れがあり、中国との縁の深い一年となりました。


そして、こんな時、私はふと思うのです。
中国からの来苑者の中に、NZ時代の親友・エリックがいたらいいな~って。

エリックは、クライストチャーチの語学学校で知り合った外国人学生の中で、私と最も仲の良かった友達です。
私より10歳くらい年下だったかな。

NZに来たばかりの頃は、いかにも~っていうほど中国人を絵に描いたようなタイプだったのに(笑)、
それが数ヶ月後には随分とアカぬけて、見違えるほど素敵な男の子に変身しました。^^

いつから親しくなったのか もう忘れてしまいましたが、友達になるのに そう時間は掛からなかったと思います。

真面目な反面、授業中にはよくウィンクを投げかけてきたり、なかなかお茶目で可愛い弟のような存在でした。

そのエリックが上海出身だったのです。

ですから、上海から視察があると聞くと、今度こそエリックが来るんじゃないかしら~って、
絶対あり得ないと分かっていても、つい期待してしまう私なのでした。

もちろん、今回の視察団の中にもエリックがいるはずもなく・・・。ちょっと、がっかり。



最後にメールのやり取りをしたのが2007年の2月のこと。

その時のメールには、まだクライストチャーチにいるということ、そして夏には上海へ帰国することなどが書かれていました。

あれからしばらく・・・
今年に入って 久しぶりにメールを送ってみたら、すでにアドレスが変わっていました。(T_T)

なのに会いたいと思い始めたら、もう連絡がつかないと思ったら、ますます想いは募るばかり。

部屋中を探し回って、彼に書いてもらった中国の住所を必死で見つけ出しました。

ちゃんと届くかどうか分からないけれど、来年の年賀状をエリックにも送ろう!^^

これで再び連絡が取れたなら、昨日 頑張って視察団の皆さまを接待した甲斐もあったというものです。



エリックと一緒にカウントダウンした2002年からもうすぐ10年。

クライストチャーチで同窓会は無理そうだけど、上海で同窓会っていうのもいいじゃない?って思う今日この頃です。^^

*

10年前にエリックからもらったメッセージも見つかりました。

改めて読んでみて、あ~、エリックったら本当に良いヤツ!ってニンマリしてしまいます。(^m^*)

Dear Picchuko
You are very lovely.
If you go back Japan, maybe I'll miss you.
But I want to ask you. Will you come back again?
If you will, I'm very happy.
26. October 2001 Eric

クライストチャーチ・ニュース (その3)

【NZの地震被災地が復興計画案、低層ビルや追悼施設】


ニュージーランド南島クライストチャーチ市は11日、市中心部の復興計画案を公表した。

高層ビルで多くの犠牲者が出た教訓から、市中心部の建物を7階建てまでに制限する。

公園や緑地を増やし、犠牲者追悼施設を設ける。


再建期間は10年以上で、事業費はおよそ20億NZドル(約1280億円)。

復興計画案は市民や専門家から寄せられた10万件以上の要望を考慮した。

今後、改めて市民らの意見を募り、最終案をまとめる。
                                (日本経済新聞)

* * * * * * *


地震より半年足らずの11日、ボブ・パーカー市長より「The Draft Central City Plan」が発表されました!

原案によると、市中心部はより環境に優しく、魅力的な街になるだろうと。

中心部を流れるエイボン川の川岸ももっと広くし、新たに公園を作るようで、
大聖堂広場はもっと緑豊かになるのかな。

クライストチャーチ復興プラン.jpg
(「The Press」より、借り物です。)

地震前の街並みを思い出しても、私の知るどの国のどの街よりも緑が輝き、人にも自然にも優しい街だったクライストチャーチ。

もともと公園が多く、春や夏には色鮮やかな花で溢れ、「ガーデンシティ」と呼ばれていた街が、ますますその名に相応しい街づくりを進めていくようですね。^^


ビジネス街はよりコンパクトに、
7階までと制限された建物の高さは、63メートルの大聖堂よりもかなり低くなるのですから、
将来、大聖堂が再建されると、街のどこからでも大聖堂の尖塔部分が見えるというのもいいですね!^^

そして、まずは市の中心部からカンタベリー大学への電車が登場するかもです!
ということは、私達がかつて たらふくピザを頬張った(笑)、懐かしいリカトンモールも電車で行きやすくなるのかな?

その上、新しい中央図書館に、オリンピックサイズの水上競技設備や屋内スタジアム、国際規模のコンベンションセンターなど、かなり気合が入っていますよね~。^^

これらは106,000もの市民の意見を基に形づくられましたが、しかし最終案ではありません。
これを基に、これから再び市民に意見を求めます。


こうやって市民の手によって街が造られていく過程に胸が熱くなります。

何より、市の中心部移設計画も浮上していた中、今までと同じ場所で再建する計画にホッとしました。
もちろん、その為には頑丈な地盤造りも課題になろうかと思われますが。


再建には10年から20年の月日が掛かるようですが、日々 生まれ変わるクライストチャーチを見守っていくつもりです。

手元にある2001年版の古いクライストチャーチの地図を広げながら、私なりにクライストチャーチの未来図を描きながら…。



クライストチャーチ・ニュース (その2)

【NZ地震の地に仮設大聖堂、日本人設計「復興象徴に」】


2月のニュージーランド南島クライストチャーチ市の地震で半壊し、再建のメドがたたないクライストチャーチ大聖堂の代わりとなる仮設大聖堂の建設計画が浮上し、

世界的に有名な日本人建築家の坂茂さんが無償で設計を担当することが4日、分かった。

坂さんは、「復興の象徴になれば」と願っている。


仮設聖堂は、地震発生から1年になる来年2月22日の完成をめざす。

設計案によると、安価で現地調達可能な紙管を使い、大きな三角屋根のデザインで700人を収容可能。 
デザインは基の大聖堂の外観からヒントを得たという。

市中心部に建設予定だ。

教会のほか、コンサートなど幅広い用途を見込み、10年前後は活用される見通しだ。


坂さんは阪神大震災の被災地でも紙製パイプを使った仮設礼拝堂を手掛けたほか、東日本大震災後も避難所支援や多層仮設住宅の建設を進めている。

こうした経緯を知った大聖堂のべック首席司祭が坂さんに設計を依頼した。


日本人を含む181人が死亡した地震から約半年。

街の象徴で観光資源だった大聖堂の代わりの建設に、市側は工費や地元施工業者の人件費に充当するため、400万NZドル(約2億6600万円)を募金などで集める。
                                  (日本経済新聞)


* * * * * * *

「仮設~」とくれば、これまで「トイレ」とか「住宅」くらいしか頭に浮かびませんでしたが、
いやはや『大聖堂』とは、驚きました!(笑)


ただ現実として、この案に対し、どうも概ね否定的な意見が多いのだとか。

確かに、2億以上も掛けて紙(段ボール)の大聖堂を建設だなんてどうかとも思いますし、
それ以外に目先必要なものがあるでしょうに。


ですが、あの大聖堂はクライストチャーチ市民の心そのものであると言えるものです。

街の象徴、そして復興の象徴が形になれば、それはクライストチャーチの復活への大きな原動力になるに違いありません。

設計模型の写真を見ましたが、なかなか素敵です。^^

仮設大聖堂.jpg 仮設大聖堂の設計模型.jpg
(写真は借り物です。)

私は、この仮設大聖堂の実現を楽しみにしております。


これで、近い将来 クライストチャーチを訪れる喜びが出来そうです。
傷ついた大聖堂や更地のシティだけなんて、寂しすぎて悲しすぎて、到底 耐えられないもの…。


この他、シティセンターでも建物が解体され 更地になった後にプレハブの洒落た仮設パブができたりと、少しづつですが日常を取り戻しつつある様子。
復活したカジノでは、レストランがスペシャルメニューをどんどん出してくれているようだし!(^^*


私も負けられない!

傷ついてなお、私を勇気づけてくれるクライストチャーチに感謝です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。