I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

おしおき? では、ありません。

2015-04-21ウルス・口輪3.jpg


別にアヒルを飼い始めたわけでもありません。(笑)

わが家の愛犬ウルスは、私の父が亡くなってからワガママがひどくなり、慣れた人に甘噛みをするようになりました。
甘噛みでも、尖った犬歯は狂暴になりかねず。

特に母ともう一匹の愛犬クリスを噛むようになり、その時は甘噛みを超えるくらいキツく感じます。

叱ると、亡き父が座っていた椅子の下に潜り込んで拗ねるのです。
たぶん、寂しさの裏返しの行動なのでしょう。

そして、父の代わりに自分がしっかりしなくちゃと、ボスにでもなった感じです。(笑)

可愛くて愛おしいそんなウルスですが、今日は久しぶりにカットの日。
いつもお世話になってる美容師さんにまで噛みつきそうになったので、仕方なく口輪をすることにしました。

といっても、美容院でのわずかな時間だけなので、家では変わらず元気いっぱい噛んでます。

2015-04-21ウルス・口輪2.jpg

2015-04-21ウルス・内輪.jpg


記念写真を数枚。
モノクロにしたら、まるでアヒルさんですよね。(笑)


車にて・クリス&ウルス2.jpg




スポンサーサイト

ウルスの成長。

わが家に来て早1年4ヶ月の愛犬ウルス。

手のひらに乗るほど小さかったウルスも、今ではお兄ちゃんポメラニアン・クリスに負けないくらい大きく成長した。

改めてその過程を写真で追うと、大人になるまでに色んな容姿の変化があったんだなあと、可笑しいやら懐かしいやら。

折角なので、ここにもそれを残しておこうと思う。

2013.5.6.jpg
2013年4月

2013.4.29-2.jpg
2013年5月

2013061705.jpg
2013年6月

2013.5.28.jpg
2013年6月

2013.6.15.jpg
2013年6月(生後100日目)

2013.6.18.jpg
2013年6月

2013.8.26.jpg
2013年8月

2014.3.7-2.jpg
2014年3月(1歳誕生日)

2014.3.7-3.jpg
2014年3月

2014.3.7-1.jpg
2014年3月

2014.5.29.jpg
2014年5月

2014.7.6.jpg
2014年7月

2014.7.26-1.jpg
2014年7月

2014.8.27-1.jpg
2014年8月

2014.8.27-2.jpg
2014年8月

途中鼻の頭の毛も抜けて、顔中の毛が抜け去った時など一体どんな成犬になるのか心配もしたが、名前の通りなかなかイケメンになったようで安心した。

ウルス(Urs)はドイツ語の語源で熊。
小さなシロクマくんみたいになったのも、その名前ゆえか?(笑)



最後にクリスの笑顔いっぱいの写真もここに。

2016.7.26-C.jpg

幼かったクリスも今では8歳。
老犬の仲間入りにしては純粋な可愛さは変わらない、、、と思うのも飼い主の贔屓目か?

私がUrsを買った理由(わけ)。

確か、4月の20日過ぎだったと思う。
11月に死んでしまった私の愛犬ヨンサマが、私に語りかけてきたような気がした。

「picchu姉ちゃん、僕、もう生まれ変わって 姉ちゃんのすぐ傍まで帰って来たよ。」

不思議だが、本当にそんな気がしたのだ。


私はすぐさま車を飛ばした。 行き先は、ヨンと出会ったペットショップ。
第六十六番札所・雲辺寺がある雲辺寺山の麓、「犬の学校」と看板の立つ店だ。

そこはペットショップと呼ぶには相応しくない店で、まるで牧場のような臭いのする、ハエがぶんぶん飛んでいるそんな場所。
外に並べられた沢山のゲージには、今にも飛び出そうな キャンキャン煩い犬達でいっぱいだった。

そんなところにヨンがいたの?と言われそうだが、
チワワが大流行した9年前、どの店先からもポメラニアンが姿を消したことがある。
そんな中、その「犬の学校」だけがポメラニアンを売っていた。


帰って来るならここかもしれない。
私はそう思い、クリスを連れてヨン(の生まれ変わり)を探しに行ったのだった。

しかし、どの子も違う。 違う気がする。
あまりの煩さに怯えるクリスを抱いて、私はがっかり立ち去った。


それでも、ヨンの声がする。
ヨンを庭に埋める時、私とヨンしか知らない約束があった。

やっぱりヨンは帰って来たんだ。


そんな時だった。
ある昼下がり、新しくできたペットショップが偶然目に入った。

いつ出来たのだろう? 軽い気持ちで覗いてみた。

そこに居たのが、Ursである。
目が合った瞬間、可愛く首を傾げ、「僕だよ!」って言った気がした。

私はクリスに相談もせず、その日のうちにUrsを家に連れ帰った。

2013061705.jpg

2013051303.jpg


今、Ursとクリスはこんな感じ。

20130522.jpg

微妙な距離感。。。

実は、人一倍(犬一倍?)臆病者のクリスはUrsが怖い。

思いっきり飛びついてくるせいもあるだろうが、ひたすら逃げて逃げて逃げ回る。
しかも、絶対にUrsと目を合わさない。(苦笑)

Picture051113_112723.jpg

20130515.jpg

確かにいきおいあるよな、この子。


なので、クリス一匹だけの時間も大切にするようにしている。

2013051201.jpg


ヨンが生まれ変わり、どこからか私を呼んだことは確かだと思う。


じゃあ、Ursがヨンの生まれ変わりか、、、

ということについては、う~ん、少々疑問を抱き始めた今日この頃である。

クリスからお知らせ。

Picture042713_165051.jpg

姉さんがしばらく日本にいなかったので、僕もひさしぶり。
いい舌の色してるだろ。(笑)


今日は僕から特別なお知らせがあります。


僕に弟(分)ができました。

3月7日生まれのポメラニアン、出身は愛知県で、その名もUrs(ウルス)

Picture042713_155953.jpg

今、ぶっ!と笑ったそこの人!!!
名付け親は姉さんだから、その趣味の悪さは僕じゃない!
ま、その由来を改めて僕から説明しなくても、分かる人には分かるよね。(苦笑)
僕やヨン兄ちゃんより男前になることはないだろうけど、名前が不敵だからちょっとだけびびってる。

姉さんが言うには、子供の頃の僕より このウルスの方が今の僕に似てるんだってさ。

じゃぁ、僕に似てるから買ってきたのかと思ったら、
「ううん、性格がとてもやんちゃでね、まるでヨンちゃんみたいだったの。 きっとヨンとクリスを足して二で割ったような子になるわよ」と姉さん。

それじゃあ、ますます末恐ろしいじゃないか!


すっかり油断してたけど、これからは赤ちゃん返りしてやろうと、心に誓った今日の午後。

これから時々、僕のついでにウルスもブログに登場すると思うから、ま、顔くらいは覚えてやってよ。

Picture042713_185140.jpg



あ、今日は僕と顔合わせだけ。
まだまだ赤ちゃんだから、一緒に遊べるのは一ヶ月後になるらしい。

僕みたいに性格のいい子だといいんだけど。。。
僕が犬見知りするだけに、今からドキドキだ。



愛犬Ursの成長日記

このカテゴリーに該当する記事はありません。