I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

パディントンに夢中☆

四国に春一番が吹いたという今日、午後から髪を切って映画を観て来た。


「パディントン」

先日三越へ行ったらちょうどパディントンの展示をしてて、どうもそれに影響されたらしい。

それでも、こんなに好みの映画だったとは。


愉快で可愛くて、温かくて愛しくなる映画だった。

クスクス笑って、そしてパディントンをぎゅうって抱きしめたくなった。


暗黒の地ペルーからロンドンにやって来たパディントン。

暗黒、暗黒って何度も言ってたけど、ペルーってパディントンが誕生した1958年頃はまだそんなイメージだったのかな?(笑)
冒頭でイギリス人の探検家がペルーの森の奥に入って行くシーンなど、私の頭の中ではハイラム・ビンガムが山奥でマチュピチュを発見した場面と被ってしまった。


ロンドンに到着するなりハチャメチャなパディントンだったけど、もし私が初めてロンドンへ行けば、同じようにパニックになるんだろうな。

パディントンに会いに、冒険をしに、今すぐロンドンへ行きたくなる。

でもひとまずは明日の朝、食パンにマーマレードをたっぷりぬって食べようか。


02-13 映画「パディントン」



四国に春一番が吹いたという今日、雨のせいで気温のわりに寒かった午後だけど、パディントンのおかげで心はホカホカ暖まってる。



スポンサーサイト

FOUJITA。

仕事でとても疲れた先月末、家でゴロゴロするだけでは気分転換にならないと映画を観に出掛けた。

12月以降、私としてはよく映画を観に行く。
一度映画館で観てしまうと、そのサイクルはしばらく続いてしまうのだ。


その日選んだのは、気分で『FOUJITA』だった。


01-30 映画「FOUJITA」


画家・藤田嗣治の絵は、別に嫌いでもないが特に好きということもない。
しかし、どこか私の好きなモディリアニやローランサンにも通じるところがあって、彼の絵に出会うと立ち止まってしまう。

といっても、フジタの絵の本物を観たのは隣町にあるカフェが初めてで、美術館で観た記憶は殆どない。

そのカフェは、今は亡きオーナーさんが大のフランス好きで、年に何度も渡仏して集めた骨董品や絵画に囲まれた空間と、南仏から眺める地中海を模して瀬戸内海を一望できるテラスがある。

オーナーさんの好むシャネルの香水が微かに漂い、会話の邪魔にならない低い音で流れる古いフランス映画も憎い演出。
目の前の海は南仏をイメージしたものでも、オーナーさんの醸し出す雰囲気からか私にはどこかパリを感じられる場所だった。

それはレモンの木の鉢植えを横目に少し坂を上って行くのだが、その庭の一角にピンク色した小さな美術館があって、そこに20点ほどフジタやコクトーの絵が並んでいる。


この映画は、そのフジタの絵のような作品に仕上がっていた。

日本とフランスの合作というのも納得させる。

フジタのトレードマークであった「おかっぱ頭に眼鏡」姿のオダギリジョーもなかなか様になっていた。


絵描きの、しかも裏町が舞台であるから、そう気取ったパリの町を観ることもなく、

初めて私がパリを訪れた時の、まだ夜が明けきれてない早朝いきなり黒人女性に恐喝され、緑色のゴミ収集車が走るパリの記憶にぴったりだった。


久しぶりに思い出したパリが恋しくなって、前述のカフェに行こうかなと思うも、
オーナーさんが亡くなって以来、同じ家具や食器に囲まれても、景色は変わらず美しくても、不思議とパリの香りは消えてしまったように感じて。

それでも、ピンク色した小さな美術館だけは、フジタの絵の前でシャネルの香りをさせたオーナーさんに会えるようで、まだパリの空気が残っていると信じたい。

そういえば、オーナーさんはどこかフジタに似ていたような。


パリを愛し、パリに愛された人だけに共通する何かがそこにあるのだと、そう思った帰り道だった。



と書けば、しっかり映画を観たように聞こえるが、実際はよほど疲れていたのだろう。
日本でのシーンは殆どが夢の中、記憶にない。(笑)

「黄金のアデーレ」を観る。

昨夜のレイトショーは、私を含め鑑賞者はたったの2人だった。

私的にはとても面白かったし、終わってからも色々考えさせられるいい映画なのに、勿体ない。
だが、おかげで映画に没頭できたのは有難かった。

この映画、香川では上映されないということで高速を飛ばし、ドライブがてら愛媛県新居浜市まで行ってきた。


12-15 映画「黄金のアデーレ」


たぶん、私がウィーンを初めて訪れた時、クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I(黄金のアデーレ)」はまだベルヴェデーレにあったはず。

しかし残念なことに、その当時の私は「接吻」の強烈さに今回の映画のある意味主人公である「アデーレ」については覚えていない。

今はニューヨークのノイエ・ギャラリーに展示されているそうだが、そこに行きつくまでのアデーレの姪であるマリアとオーストリア政府との所有権争いがこの映画の主軸。
実話なんだそうだ。



*


それは1938年、ナチスがオーストリアを占拠した際、価値ある個人の財産をすべてナチスに奪われたことから始まる。
それが敗戦後、正当な持ち主に返されることなくそのままオーストリア政府の手に渡った。

ナチス侵攻前、アデーレ本人は自分を描いた作品についてはオーストリア・ギャラリーに寄贈するよう言い残していた。
だが、真の所有権はアデーレ自身ではなく、夫のフェルディナントにあった。
ユダヤ人であった彼は絵画を残して国外へと逃亡し、ユダヤ人排他の流れにあった国への寄贈を取りやめ、甥姪に相続させるという遺言を残していた。

マリア自身もこの年、アメリカへ亡命している。


結果は周知のとおり、この裁判でマリアは勝訴するのだが、結局この物語に本当の勝者はいないんじゃないか。

そして、国を追われるということに改めて考え込んでしまった。


もう3年も前、私がたった一ヶ月の欧州の旅を終え、帰国への列車に乗り込んだ時、「ああ、これでやっと日本に帰れる」と涙が出るほど安堵の気持ちでいっぱいになったことがある。

その旅行はちょっと色々あって、今でもきっとこれからも誰にも言えない心の傷が私の中にある。
しかし、その代わりに得たものもあって、その一つが「国」だった。

日本人に生まれて本当に良かったと思った。
日本にいるときは感じなくても、日本という国にいつも守られているんだと気が付いた。

それは日本だからというより、例えば平和が許されるならばどこの国でも構わない。
自分の祖国があり、いつでも帰れるふるさとがあり、そこを追われる心配のない私たち。
世界の歴史を見ても、現に今も、当たり前のようで決して当たり前じゃないその幸せを痛感した瞬間だった。


劇中で、マリアは老いた病身の父母をウィーンに残してアメリカへ渡るのだが、その別れは特別心に残るシーンだった。
「君の未来ある国の言葉で話そう」と、娘を思う気持ちと悲しみでくしゃくしゃな顔をして別れ間際に父が英語で言うところなど、本当なら誰が母国ではない国の言葉で別れの挨拶などしたいと思うだろうかと、胸がぎゅーと痛くなった。
いや、マリアだって決してアメリカへなど行きたくない。
もう二度と会えない大切な人をそのままに、生まれ育った国を好んで捨てる人などいるわけがない。

「アデーレ」もそうだと思った。

映画を終えて、あらゆることが脳裏に浮かんでは消えていき、そして今はやはりいつかはオーストリアで「アデーレ」に会いたいと思う。
オーストリアに帰ってきて欲しいと願う。

マリアが争った真の相手はオーストリア政府ではなかったと私は思う。
この物語の結末はこれでいいと思っているし、マリアへの「アデーレ」の返還は正しかったと思うけれど。

ラスト、この裁判を共に戦った新米弁護士ランディの胸で泣くマリアの涙がすべてだと思った。

私の涙は一滴も出なかったけど、胸の奥底を乾いた白い息が沈んでいくような痛みに泣いた映画。
だからといって重くもなく、テーマのわりに軽快なタッチで描かれている。
だから面白い。

主役のヘレン・ミレンはもちろんのこと、段々頼もしくなっていくランディ役のライアン・レイノルズも良かったじゃないかな。

それにしても、絵画一枚になんて色んなドラマがあるんだろうか。


映画「母と暮せば」。

12-12 映画「母と暮せば」


近頃、土曜日は映画の日になっている。

今日は、「母と暮せば」。

舞台は長崎。
原爆で息子を失った母と、亡くなったはずの息子。
淡々と物語は進んでいくが、伝えたいことはしっかり胸に届いてくる。


詳しい内容は十分前宣伝をされているのでここに改めることはしないが、吉永さんと二宮くんの親子が本当に自然で、ありえない設定でもすっと物語に入っていけた。


私は3年前まで邦画は一切観たことがなかったので、今回初めて吉永小百合さんの映画を観たけれど、やはり美しい方ですね。

二宮くんの恋人役の黒木華さんもそうですけど、お二人とも所作も言葉遣いも美しくて。
最近は身近にも綺麗な方が増えてきたけど、物腰の柔らかい方となると、ね。

私がまだ25歳前の頃、行事の多い職場ゆえに失礼がないよう町の作法教室に通ったことがある。
その時習った食事の仕方、私も時々思い出しては意識するけど、実はできる方を見たことは一度もない。
それを、何気ないシーンで吉永さんはさらりとされていた。
そのちょっとした場面でも吉永さんの人となりを見たようで、さすがだなと思った。


そして、出演されたどの役者さんもそうだけど、後ろ姿がとても素晴らしかった。

映画の終わりにはうっすら涙が滲む、そんなふうに仕上がっていると私は思う。




スギハラ チウネ。

本日公開の映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を観た。

私が彼とその「命のビザ」を知ったのは確か2000年、日本政府によって正式に杉原氏の名誉回復がされた時だった。
それ以来、リトアニアをはじめバルト三国を訪れたいという想いを募らせながら、未だ果たせず。

世界情勢の先が見えない今、シリアを主とする難民問題も前途多難な今、ある意味この映画はタイムリーだと思う。


12345581_787350814725553_1813091296821460181_n.jpg


それまでリトアニア領事代理として、日本政府に背いてビザを発給したことしか知らなかった彼の人生の、当然ながらその前と後があることに気づく機会にもなった。
ビザを発給した当時、杉原千畝は40歳。

また、第二次世界大戦が描かれるとき、必ず登場するといってもいいシーンが省略されているのを不思議に思いながら観ていたら、逆に彼が救った命によって皮肉にも失われた命もあったことを、直接的な表現を避けてはいたが気付かされた。

もちろん、彼の判断は人道的であったと思うし、そこから先の各々の将来は全て人の力ではどうにもならない定めだったのだと私は思う。
それはいつの時代にもあったことだし、それが世の常なんだとも思う。



杉原氏の人生は壮大過ぎて、どうしても2時間半弱では描ききれない。

なので、映画そのものは私的には少し物足りなさを感じたのは否めない。
いくら唐沢さんの演技が素晴らしくても、杉原さんのバックグラウンドは半端じゃないし、スケールが違いすぎる。

でも、観て良かったと思う映画だった。


冒頭の雪に覆われた真っ白な大平原を蒸気機関車が走るシーンが、映画では満州となっているものの一目でポーランドとわかる景色に、それだけでも私にとっては東欧を懐かしむのに十分。


最後に、杉原千畝が書いたビザが6000人の命を救ったならば、それを受け入れた杉原氏の友人、ウラジオストク総領事代理の根井三郎も忘れないでおきたい。

このカテゴリーに該当する記事はありません。