Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2007年09月

No image

シドニーの風

*シドニー湾 The Rocks【'02.02.14 ハーバーブリッジ近くにある白人オーストラリア発祥の地】NZ滞在7ヶ月、クライストチャーチから直接オーストラリア入りしたせいか、シドニーは全く外国を感じない街でした。日常の延長にある、肩の力を抜いて歩ける、それが私のシドニーです。今日の午後、一枚のアルバムと出逢いました。もう日本でも有名になってきた頃でしょうか...。歌手の名は、「デルタ・グッドレム」シドニー生まれの22歳...

No image

私はカジノで救われた。

*クライストチャーチ・カジノ【'01.12.31 大晦日のディナーはカジノのレストランで...】私は小心者なので、カジノへ行ってもNZ$2、多くてもNZ$5を賭けるくらい。専らレストランでお喋りです。夕方、いつものようにお年寄りのHanakoさんが事務所へやってきて、私に手招きします。今の私は腰痛と筋肉痛に苦しんでいて、椅子から立ち上がるのも歩くのも顔をしかめてしまいます。Hanakoさんはそんな私を見て、「腰、大丈夫なんな。慰霊...

No image

十六夜日記

*クリスはうちに来た5匹目の‘わんこ’です。彼ほど「天真爛漫」という表現がピッタリの子を私は知りません。。「十六夜」という音の響きは日本語の慎ましさが感じられ、私は好きですね。昨晩の十六夜のお月様を見ましたか?満月も十四番目の月もそれぞれに美しいと思いますが、私は一番の盛りを過ぎた十六夜の月が最も魅力を秘めているように感じます。「もののあはれ」とでもいうのでしょうか...。昨晩の十六夜の月を、私は夜ではな...

No image

メラニー、お元気ですか?

*クライストチャーチ Southern English Schoolsにて 【愛すべきteacher Melanie '01.09.25】私にとってNZ人といえば、誰よりもまず 彼女の顔が浮かびます。今日はメラニーの誕生日。おめでとう!!!もう直接 伝えることはできないけれど、これからも彼女らしく素敵に年を重ねていってほしいと願っています。私が通った English school は個性豊かな先生ばかりでした。その中でも とりわけキュートでチャーミングだったのが「メラニ...

No image

面白いなって思います。

*しまなみ海道   多々羅大橋愛媛県大三島と広島県生口島を結ぶ世界一の斜張橋です。平成11年5月に開通しました。今日も瀬戸大橋を渡り本州 岡山へ行って来ました。それは 韓国語講座で知り合ったSさん、Tさん、Oさんと一緒に。1年以上お会いしていなかったこともあり、本当に嬉しくて嬉しくて、皆さんに甘えて、お喋りし過ぎたように思います。楽しい時間をありがとうございました。岡山に着いて、まず驚いたのは新しくなった岡...

No image

尾道、それは昭和と人情の町。

*広島県尾道市 商店街時代を遡り、古き良き昭和チックな、なんとも言えず懐かしい感じがします。三連休の中日、今日は両親を乗せて瀬戸内沿岸小旅行に出掛けました。この5月の「母の日」に、【香川―愛媛・今治~しまなみ海道~広島・尾道―岡山~瀬戸大橋~香川】というルートのドライブをプレゼントしました。これが非常に気に入った母の提案で、今回は敬老月間のプレゼントとしての運びになったのです。天候もまずまず、暑さもま...

No image

高山病には気を付けて。

*ペルー クスコにて【'02.03.12】古代インカ帝国の首都であり、インカ人にとって世界の"へそ"を意味する宇宙観の中心の街です。 今日の新聞に「チリ最高裁がフジモリ元大統領の身柄をペルーに引き渡す」と載っていました。私がペルーを訪れた年、彼はすでに失脚後ではありましたが、車窓から見た田舎の家々の壁には まだ赤く大きく「FUJIMORI」と書かれていたのを覚えています。そのペルーへ今日、私のNZ時代からの親友「きょん」...

No image

30年経って...

*カンボジア 「東洋のモナリザ」【'00.03.02バンテアイ・スレイ遺跡】 日頃 テレビを見ない私は、やはりニュースを知るのも人より遅いです。でも 昨日のニュースは接骨院のおかげでいち早く知ることができました。それは、カンボジアの「ポト派No.2」ヌオン・チアの逮捕について。内戦当時、あの有名なアンコール・ワット遺跡はクメール・ルージュ(ポル・ポト率いる共産党勢力)の本拠地でした。今も遺跡には数多くの傷痕が痛々しく...

No image

「ひまわり」のような

私には好きな女優さんが3人います。それは、チェ・ジウ(「冬ソナ」ではぺさんより彼女の素朴な美しさに惹かれました)オードリー・ヘップバーン(やっぱり「ローマの休日」のアン王女が一番でしょうか)そして「夏目雅子」さん昨晩 「夏目雅子」さんの生涯を仲間由紀恵さん演じるドラマがありました。当時の髪型やメイクのせいか、上手く似せていたと思います。本当に「華がある」方だったなぁと、その彼女を偲ばせる演技に、そして ...

No image

命懸けの2週間

今日は愛車の一ヶ年点検の日でした。異常なし、また一年頑張ってもらいましょう。私が免許を取得したのは大学2年の春休み。教習所でかなり先生に叱られた私は、免許を取ってからも恐くて乗れませんでした。自宅がJRの駅に徒歩3分、職場も自転車で10分の所にあったので不自由もなく何年も過ぎました。でも今から4年前のこと、職場の上司 K.Kさんの「今なら運転を教えてあげるよ」というお言葉に甘えて、10年近くハンドルを握ってい...

No image

今度 帽子を買う時は、

*2005年12月 フィレンツェで出逢ったお気に入りの品物達!!今日は母と高松へ買い物に出掛けました。とはいえ、買い物をするのはいつも母のみ。私は香川ではほとんど買い物をしません。そして服や化粧品にお金を掛けない代わりに 帽子や手袋といった小物達にちょっとしたこだわりを持っています。特に帽子は私にとってなくてはならないアイテム。それも普段使うものではなく、全てヨーロッパ旅行の為だけに...。きっと私の中に理想の...

No image

アンコールの空の下

*カンボジア アンコール・トム【バイヨン寺院にて '00.03.01】この笑顔と出逢わなければ、私は世界を知りたいとは思わなかったでしょう。。今年も夏が過ぎ、暑さを残しながらも秋の風を感じる季節になりました。そういえば この夏、狂おしい蝉の鳴き声を聞いていないように思います。蝉の鳴き声に、私は噎せ返るほどに懐かしい思い出があります。それはまだ夜も明けていないアンコール・ワットの遺跡の中で...。ひっそりと静寂に包...

No image

NYの貴重な一日

*NY グラウンド・ゼロ【'03.02.09】私は時々、周囲の人が驚き呆れてしまう行動をとることがあります。その一つが2003年2月のNY行き。私はワールドトレードセンター跡地が「911」の傷跡を色濃く残しているうちに、この目で見ておこうと、強行スケジュールで飛びました。連続休暇が取りにくいため、土日の休みと火曜の祝日、その間の月曜に有休を取っての、たった4日間の旅。関空から12時間 まずはサンフランシスコで入国し、その後6...

No image

ミス・ミンゴの涙

*クライストチャーチ大聖堂広場【'01.09.15】2001年9月11日の後、誰が置き始めたかは知りませんが、大聖堂広場には沢山の花とメッセージが手向けられていました。毎年「911」が近づくと思い出す人がいます。それは「Miss Mingo」あの日のNZはいつもと変わらず平凡で平和な一日でした。確か夜空には南十字星が輝いていて、見つけたことが嬉しかったのを覚えているくらいですから。私はその頃、朝から夕方4時過ぎまで学校に通い、5時...

No image

捨てられない思い出

*大学時代【'94.10月 広島アジア大会開会式】久しぶりに要らないものを整理しようと思い、クローゼットを開くと、、、いつも処分したくて、でもできない服が3枚あります。1枚目は大学時代に合唱団で着ていた裾の広がった黒のドレス。本当は学校に返すべきものですが、私は2年で退団したし、その後すぐ合唱団は解散してしまって..。友達と どうするぅ~? と言いつつ、あれから12年。これはやはり勝手には捨てられないでしょう。2枚...

No image

マカロン

*パリ ルーブル美術館【'00.1月 ミロのビーナス】前から見た姿も素晴らしいのですが、私は後ろ姿に一段と女性らしさと魅力を感じました。先日 新聞にリニューアルした洋菓子店の折り込みが入っていました。広告の中央に「マカロン」の写真!今まで私の住む町の周辺にはマカロンを売るお店がなかったので、休日の今日、早速買いに行きました。マカロンを初めて食べたのは2000年パリで。コンコルド広場からマドレーヌ寺院に向かう通り...

No image

いくつになっても...

私の勤める老人ホーム(特養)は この10年で倍近くの規模になり、職員は約70名います。私は事務員。主に経理や庶務、雑用をしています。事務所には事務員の他、相談員に施設管理員の6名が所属。男性女性3名づつです。最近、ショートスティを利用されてるH.Kさんが夕方になると事務所へやって来られます。それは相談員Kさんに会うため。ME:「Hさん、こんにちは。どうかしたの?」Hさん:「ちょっと散歩に...」Hさんの目は事務所奥にいる...

No image

不思議な体験。

*ドイツ・ベルヒテスガーデン近郊 【Eagle's Nestにて '07.07.16】今朝早く 勤め先の看護婦さん「わっこさん」の娘さんに無事男の子が誕生しました♪わっこさん、おめでとう。きっと可愛くて愉快なおばあちゃんになられるのでしょうね。勿論 おばあちゃんという感じは全くしない 若いわっこさんですけどね。人の誕生も含め出会いというものって不思議なものと思いませんか?私は出会いと別れという人生において大切な出来事の中で二...

No image

味噌汁の思い出

*NZ クライストチャーチ大聖堂【'01.12月 クリスマスバージョン】大聖堂広場はいつも みんなの待ち合わせ場所でした。休みの日などは大聖堂の前に行けば必ず知人に会える... クライストチャーチのシンボルです。職場の同じ部署のT.Kさんが今日の tea time にとオーストラリアのチョコレート菓子「Tim Tam」を持って来てくれました。私がワーホリ時代にNZで Tim Tamをよく食べていたのを知っていて、懐かしいでしょって。それも私の...

No image

金運UP!!

*いつもお世話になっている旅行会社のR.MさんよりNew Yearの贈り物!!! 【'06.12.31 スイス・ルツェルンにて】私の旅が素晴らしいのは常に彼女のサポートと温かい心遣いがあるから。心から感謝しています。いつもありがとうございます。今日は張り切ってトイレと洗面台の大掃除をしました。掃除なんて当たり前のことを胸を張って言えるものではありませんが、侮れないのがトイレ掃除!確か風水か何かの本を立ち読みした時のこと。ト...

No image

韓国語で書かれたラブレター。

以前 韓国語講座で仲良くして頂いたM.Oさんからメールが届きました。それは同じく講座で親しくなった方達と4人で瀬戸内海にある直島に行きませんか、という嬉しいお誘い。こう書くと何だか私が韓国語を勉強してるように思えるでしょうが、一番に脱落したのが私です。あの難解ハングル文字恐怖症に陥ってしまいました。そもそも韓国語を習おうと思ったきっかけは、2004年6月 家族と行ったソウル旅行でした。海外旅行に対する私のポ...

No image

愛する迷犬達。

左側が「ヨンサマ」3歳右側が「クリス」1歳ヨンサマは犬なのに猫のような鳴き声をあげます。クリスは時々寝言を言います。。...

No image

白鳥の湖

今日からブログを開始します。まずは最近一番感動したことから。8月26日、兵庫県立芸術文化センターへアイススケートの【スワン・レイク】を観に行きました。数々の大会でのロシア人メダリストの舞台で、狭いリンクの中を少ない助走でトリプルアクセルをきめたり、男性一人が女性三人を抱き抱えて滑ったり、宙を舞ったり、氷の真ん中に炎のリンクが出現したりと見事なパフォーマンスでした。白鳥の美しさとスケートは優雅で華やか...