Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2007年12月

No image

皆様へ

*ザルツブルク・ゲトライデガッセ通りこの9番地に"モーツァルトの生家"があります。【'07.07.16】只今より、搭乗します。皆様から戴いたメッセージに心が温かくなりました。ありがとうございます。では、元気に行って参ります。皆様に沢山の幸せが舞い降りてきますように、お祈り申し上げます。...

No image

寒いよね、、きっと。。。。。

*ホーエンザルツブルク城【'07.07.14】★ザルツブルクの予想気温★12/30 最高気温5℃~最低気温-3℃12/31 4℃~-4℃1/1  3℃~-7℃1/2   0℃~-11℃少し? 覚悟がいりそうですね。...

No image

『サウンド・オブ・ミュージック』と素敵な出逢い♪

*ザルツブルク・ミラベル庭園【'07.07.15】この庭園は映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中でも有名な、『ドレミの歌』のフィナーレの場所。花壇や噴水、そしてユニークな石像達に、思わずニッコリしてしまいます。皆さんは、この映画をご覧になったこと あるでしょう?そのままの景色が広がる街、それがザルツブルクです。今日は荷造りをしながら、サウンド・トラックを流していました。前回の旅では、素晴らしい出逢いの数々...

No image

後少し!!

*旧市街からホーエンザルツブルク城を仰ぐ。【'07.07.14】年末大掃除も、たった今終わりました。なんとか出発までに間に合って、ホッとしています。。明日は荷物を鞄に詰めて、準備完了?!o(^-^)o出発は30日の日曜日。29日の午前中が職場の御用納め。その日の夕方に大阪へ入り、友達のお宅にお邪魔します。今年も後4日、出国まで、後少し!!(^o^)/...

No image

日本語教師?!

*オーストリア・ハルシュタットにてそこで出逢った韓国人の女の子達と【'07.07.15】('07.10.06日記)で書いた釜山の大学生、Mijung(左端)。彼女と一緒にいたおかげで、何人もの韓国人から気さくに声をかけられました。旅先での情報交換は大切なもの。(最近、バックパッカーでヨーロッパを周遊している韓国の学生はとても多いです。)韓国人って、異国の地で出逢った同胞の人達と、旧友のように親しく声を掛け合う素敵な国民性ですね...

No image

想い出深いクリスマス... in CHCH

*Chieko作 クリスマスのご馳走です♪【NZにて '01.12.25】Chiekoの手料理は最高です!!この日もほとんど一人でクリスマスディナーを作ってくれました。親指を火傷しちゃってまで、、ごめんね、お手伝いできなくて。。彼女が一生懸命、料理に励んでいる頃、、私といったら、、、。(^。^;)NZでのクリスマス。当時、みんなでこんなことを話していました。「日本では24日のイブがメインだけれど、それって違うよねぇ~。クリスマスのお祝...

No image

成功かな!?

*南太平洋クックアイランドでサファリーツアーに参加しました。【'01.10.08】ガイドさんはマオリ族の男性です。★Merry Christmas♪ May you be very happy!! with love... picchuko(^з^)-☆Chu!!★昨日、私は久しぶりに美容院へ行きました♪1年半ぶり? それ以上かな?せっかく大晦日の夜に、ホーエンザルツブルク城の「ジルベスター・ガラ・コンサート」へ行くのだもの。少しはお洒落もしなくちゃね。(*^_^*)何年ぶりだろう。。パ...

No image

やっと、できました。

*スイス・ピラトゥス山頂より【'06.12.31】今回のヨーロッパも暖かいことを祈ってます。やっと、年賀状を全て書き終えることができました。ほっ( ^_^)、、。中学・高校時代の先生、広島時代にお世話になった恩師の方、その3人をはじめ、わずか57枚ですが手書きで頑張りました。でも裏面は試行錯誤しながら作ったデザインを印刷したので、ちょっぴり手抜きですね。今回は雰囲気を変えてみました♪ささやかですが、ヨーロッパの風を感...

No image

ローマの休日~傘の下からプロポーズ

*ローマ・サンタンジェロ城を背に【'06.01.01】ここは映画「ローマの休日」の中で、船上パーティーが開催された場所として有名ですね。王女を捜しにきた情報部員と乱闘騒ぎを繰り広げたアン王女と新聞記者ジョー。追っ手から逃れる為に飛び込んだ川からあがった二人は、熱い抱擁を交わす、、。二人の気持ちの高まりが伝わる素敵な場面ですよね。う~ん、ロマンチック。。(*^_^*)三連休初日の土曜日、本降りが一日中続きました。雨...

No image

Snoopy's Christmas♪

*ウルス、素敵!大学時代から、その明るさと心(しん)の強さで、いつも私にエールを送ってくれるMicchan!!彼女からクリスマスメールが届きました。『少し早いけど、Merry X'mas!』それには、私のザルツブルク行きが素晴らしくなるようにとのコメントが続いていました。Micchanちゃん、とても嬉しかったですよ!! ありがとう。そして、私は気付きました!そうだ!! もうすぐクリスマスなんだ!!旅行のことで頭がいっぱいの私は、クリス...

No image

うちの"ヨン様"

*我が家の愛犬"ヨン様"。今まで私が飼った5匹の犬の中で、彼が一番私のことを好きなのだと思います、たぶん、、、。私は決して『ペ・ヨンジュン』氏のファンではありません。確かに彼の放つオーラは特別にも思いますが、だからといって私の中で特別な方という訳ではありません。では、なぜ飼い犬に"ヨン様"と名付けたか、、。家族でソウル旅行に出掛けた2004年、彼は我が家へやって来ました。ソウルは父が生まれた街。父は戦前生ま...

No image

シュワッチ!!

*スイスの家庭の味『レシュティ』! 【Pilatusにて '06.12.31】スイスのほぼ中央に位置する街「ルツェルン」。そこから約1時間のところにあるピラトゥス山 山腹フレックミュンテックのレストランで、私はスイスの伝統の味覚を楽しみました♪でも、このレシュティ、どこか「ウルトラマン」に似ていませんか?もうすぐ年越しですね。私は昨年末をルツェルンで過ごしました。私が心から愛する男性、IL DIVOのウルスはスイスのルツェルン...

No image

Hotel Mozart

今年の7月にザルツブルクを訪れた時、私は『モーツァルトホテル』に滞在しました。空港からタクシーで15分くらい。ザルツブルク新市街にあります。「新市街」には鉄道中央駅や【ミラベル宮殿】があり、ザルツァッハ川を挟んで、【モーツァルトの生家】や【ホーエンザルツブルク城】など見所いっぱいの旧市街があります。小さな街なので、ゆっくり歩いて回れるのも魅力ですね。もうすぐ、飛行機のEチケットとホテルクーポンが届きま...

No image

そうだったのか!

私はあまりTVを観ません。そして、恥ずかしながら新聞もほとんど読みません。目を引く国際関係のニュースを読むくらいです。。(お恥ずかしい。。。(〃_ _)σ∥)だから、池上彰さんの本には重宝しています。高校時代、日本史を専攻した理由に、現代世界史を殆んど知らなかった私。(又もお恥ずかしい。。)特に戦後の世界については、自分が訪れたことのあるカンボジアくらいにしか興味がありませんでした。そんな私に、池上さんは救い...

No image

Tea or Cappuccino?

*NZ グレイマウス駅にて【'01.09.16】NZの南島を旅するなら、クライストチャーチから『トランツ・アルパイン号』でサザン・アルプス越えをされてはいかがでしょうか?カンタベリー平野を抜けて2時間半、国立公園「アーサーズ・パス」へ。ここで列車は小休止します。ハイキングやトレッキングが好きな方はここで降りられると良いでしょう。私は南島横断が目的でしたので、そこから2時間先の終着駅である、西海岸「グレイマウス」とい...

No image

『恥ずかしい』には負けません!!

*アンコールワットの朝日を見に行きました。写真の青年はサムナンくんです。【'00.03.02 カンボジア】('07.09.14日記)で紹介したサムナンくんは、私のガイドをしてくれた時、彼は日本語を習い始めて まだ3ヶ月でした。予定では、彼のお兄さんが案内してくれることになっていたそうです。でも、急遽入った大人数のツアーを担当することになったお兄さんは、まだ見習いのサムナンくんを荒修行に出したのです。彼は覚えたばかりのア...

No image

また会えるといいですね。・・Alexとの会話編1.

*このトンネルの奥に黄金のエレベーターがあり、それを上ると そこはヒトラーの山荘『ケールシュタインハウス』の中です。【ドイツ バイエルン州ベルヒテスガーデン '07.07.16】「ヒトラー」と聞けば、眉をひそめる方もいらっしゃると思いますが、この山荘はアメリカ軍により『Eagle's Nest (鷹の巣)』と名付けられ、アメリカでは有名な観光スポットとして知られています。以前にも書きましたが、今年の7/16 (奇しくもsuhさんの誕...

No image

『おとっちゃま』

*ちょっぴり、(いつも?)寝ぼけ顔の「クリス」です。クリスもヨンも、寝る時や甘える時はいつも少しだけ舌を出しています。今日のクリスは年に一度の予防接種の日でした。ヨンサマを一匹だけ留守番させると、それは想像もつかないほど大変なことになるので、二匹を連れて病院へ行きました。いつもは平気なクリスですが、今日は何かを感じるらしく、車に乗せただけで震えが止まりません。ますます可愛くて愛しくなります。先生を前に...

No image

Cafe Central

*どこよりも優雅で長い歴史を持つウィーンのカフェ文化。『カフェ・ツェントラル』はそんなウィーンの中でも特に美しい、フェルステル宮殿にあるムード漂う素敵なところです。彼の名は「Gunter H.Schneider」。1939年9月、ウィーン生まれ。【'04.01.01オーストリア時間】ここ数日、私はずっと「エリザベート」の世界から抜け出せないでいます。仕事中も頭の中ではその曲達が流れています。毎晩一人になるのを待ちかねて、ミュージ...

No image

Ich gehor nur mir...

*マリア・テレジアイエローに輝くウィーン『シェーンブルン宮殿』。そこは誰もいない、2F大ギャラリー【'04.01.01】盛り上がった大晦日の夜も明け、NEW YEARはひっそりと、そして"ピンッ"と張り詰めた空気に包まれて朝を迎えます。積もった雪を踏みしめながら、私はまだ薄暗い中 ホテルを出ました。8:30、シェーンブルン宮殿は開きます。遅くまで騒いではしゃいだウィーンっ子達も、観光客もまだ眠っているのでしょうか。。私の他...

No image

クジラとマオリの神秘な島

*NZにイギリス人が入植する以前から住んでいたマオリ族、彼らの踊り『ハカ』。ラグビーチーム「オール・ブラックス」が試合前に披露してくれることでも有名ですよね。NZ・クライストチャーチからバスで1時間15分、バンクス半島にある港町「アカロア」は、NZでは珍しいフランス植民地時代の面影を残した陽気な町。ここを訪れた時、テントを張って ちょうどイベントをしていました。【'02.01.26】(用意されていた椅子はすでに満席だ...

No image

「梅田大丸」1Fの帽子屋さんで待ち合わせませう♪

*ちょっぴり緊張気味の「クリス」です。o(^-^)o初めてお会いする「sakuramino」さんとの待ち合わせ場所、私が大阪で唯一分かるのが「梅田大丸」です。そして、そこでは必ず2つのお店に立ち寄ります。一つは3Fにある『PELLE BORSA~ペレボルサ』という鞄屋さん。ペレボルサとはイタリア語で"革袋"という意味だそうです。ご存知の方も多いと思いますが、そのお店は大阪阿倍野区に本店があり、特にイタリアの物づくりに学び、日本でも...