Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2008年02月

No image

Propaganda~プロパガンダ

*『祖国フランスの地が平穏な世界を快復できるように、1918年度国債を買え』 B.Chavannaz(シャヴァナス)作話しが前後しますが、ひろしま美術館で開催されている「田園讃歌」について、自分が忘れない為にも もう少し書いておきたいと思います。説明によると、この展覧会はミレーの「落ち穂拾い、夏」とモネの「ジヴェルニーの積みわら、夕日」を核として構想され、収穫図や農耕図など田園主題の絵画の展開を辿り、西洋と日本の比較...

No image

宮島でのお宿は・・。

*宮島の古い町並み【'08.02.24】今回の小旅行で泊まった宿は、旅荘『かわぐち』さん。宮島の商店街には、もみじ饅頭などのお土産屋さんと並んで、「世界一の大杓子」が展示されています。(長さ7.7m、幅2.7m、重さ2.5t)平成8年12月に厳島神社が世界遺産登録されてから、今の場所に置かれているとのこと。*宮島の杓子は、江戸時代の僧「誓真」が琵琶の美しい形から着想したそうです。その大杓子を少し越えて、商店街を一本奥に入る...

No image

ご馳走様でした。

*写真では分かりにくいですが、雪の舞う『錦帯橋』です。【'08.02.24 山口県岩国市】今日の仕事帰り、ふと空を見上げると、昨日 岩国で見た「シロヘビ」のような雲がたなびいていました。これは大幸運の予兆?!蛇って、、実は私も大嫌いなのですが、、天然記念物「岩国のシロヘビ」だけは大変美しく、いつまでも見ていられます。赤い目がつぶらで可愛いですね。どうも400年ほど前にアオダイショウが色素細胞のない変種となって、そ...

No image

想いは通じる?!

*安芸の宮島、雪に覆われた『厳島神社』【'08.02.24 am7時過ぎ】もうすぐ新幹線に乗り、広島を経ちます。16時15分、広島駅新幹線口より空港へ向かう「きょんさん」を見送った後、駅前にある福屋デパート10Fの書店に立ち寄りました。実際に手にとって本を選ぶ時の"わくわく感"が好きな私。香川の書店では本の種類も少なく、私の興味をひくようなものに出会うことは稀ですので、書店を覗くことも四国を出る楽しみの一つです。今日も...

No image

『田園讃歌』 inひろしま美術館

*ミレー『落ち穂拾い、夏』「きょんさん」との待ち合わせは午後1時。少し早めに広島入りした私は、今 ひろしま美術館のカフェで寛いでいます。本日より4/6まで、「ひろしま美術館」に於いて、『田園讃歌 ~近代絵画に見る自然と人間』が「ミレーの《落ち穂拾い、夏》が広島にやってくる!!」と称して開催されています。私は大学時代から、この美術館の雰囲気が大好きなのです。今回は偶然にも特別展と重なりましたが、常設展も何度足...

No image

マチュピチュ列車は今日も往く。。

*マチュピチュ麓の町、アグアス・カリエンテスにあるジェシーお薦めのレストランにてピザがとっても美味しいお店でした。【'02.03.15】『インカ・マヤ・アステカ展』にはマチュピチュのジオラマが置かれてあります。ここで、私のすぐ後ろにいた女性二人の話し声が聞こえてきました。「私がマチュピチュへ行った時、天候が悪くて遺跡に入れなかったんだよね。」「え~、そんなことってあるの?」「また行くにしても、簡単には行けな...

No image

夢とロマン

*上段 左より「ワシの戦士(アステカ)」・「チムーの金の装身具(インカ)」・「雨の神トラロック(アステカ)」中段 「鳥形貝製装飾品(マヤ)」・「足形彩文土器(アンデス)」下段 「キープ(インカ)」・「ヒスイ製仮面(マヤ)」・「ミクトランテクトリ神像(アステカ)」今日は有休を頂いて、2/10に行った『インカ・マヤ・アステカ展』を再度見に行きました。今回は一人でしたので、音声ガイドを借り、自分のペースでゆっくり見ることができ...

No image

赤い靴ではありませんが、、。

先週の日曜日に岡山へ出掛けた私は、お馴染みの靴屋さんを覗いてみました。そのお店は、「Clarks」。やはり英国はジェントルマンの国ですから、そこで作られる靴もお洒落で履き心地がいいですよね。残念なことに四国にはクラークスの専門店がなく、私は岡山に出向いた時に足を運んでいます。基本的に小物類はイタリア製が好きな私です。靴も斬新なデザインと色合いのイタリア製を"つい"買ってしまうことが多々あります。*フィレン...

No image

GWの行き先は、、。

*NZ北島、ハミルトンにある「ハミルトン・ガーデン」の日本庭園にて【'02.01.15 USA・NYC出身のクリスティン(左)とソニア】オークランドからバスで2時間、「ハミルトン」には当時マオリ族の女王様(テ・アタイランギカアフ女王、第6代マオリ王、統治1966~2006年)が住んでいらっしゃいました。*その女王様はすでにお亡くなりになられています。現在マオリ族の王様は彼女の長子ツヘイティア・パキ1世です。)ハミルトン市内にはNZで最...

No image

讃岐漆器をご存知ですか?

*今日は高校時代からの親友「Kanako」の誕生日です。おめでとう!!漆芸家の彼女は昨年6月に結婚しました。その時の引出物の中に入っていた「あけぼのどんぶり」↑。このお椀は彼女のご主人が研いたものを、彼女が塗りました。一つ一つ心のこもった作品は、結婚式の参列者全員に贈られています。漆器といえば、大抵の方が「輪島塗」を思い浮かべることでしょう。では、『讃岐漆器』はご存知でしょうか?漆器産地の規模としてはその輪島...

No image

ちょっと、恥ずかしい。。

*『平和の鐘閣』韓国・統一展望台を訪れる時に立ち寄りました。【'04.06.13】これは、朝鮮戦争時に使用された銃やヘルメットを溶かして作られた鐘。多くの人々の平和への思いが込められています。今日の昼過ぎ、ソウルに住む韓国人の友人「Jeanna」からメールが届きました。彼女との出会いについては12/26の日記でも書きましたが、昨年夏のザルツブルグでした。彼女は大好きなアニメから日本語を勉強しています。彼女自身も韓国の...

No image

悲しいです。。悔しいです。

*昨晩の火事で全焼したソウル『南大門 (正式名称「崇礼門」』。【'04.06.13】こんなショッキングなニュース、、、。いったい誰がどうして放火なんてことを、、、。その人はこれがどれほどの大罪なのか分からないはずがありません。なのに、どうして、、。もう二度と元の姿を取り戻せないことも誰にだって分かります。なのに、なのに、どうして、、。天災なら、まだ諦めもつきます。それが人災、しかも故意に行われたなどと、絶対に...

No image

インカといえば、、。

*『インカ・マヤ・アステカ展』で購入した「INCA KOLA ~インカコーラ」と「Chicha Morada ~チチャモラーダ = 紫トウモロコシのジュース」。帽子は、2002年3月に訪れた古代インカの首都「クスコ」で買ったものです。念願のインカコーラを手にすることができました♪この黄金(実際は黄色)のコーラとチチャモラーダを各々2本づつ持って帰った私。1本は来週にでも職場へ持っていこうと思います。博学(?笑)の上司Kさんと、最近ちょっと意...

No image

『水の中のASIAへ』

~妹みたいね 15のあなた 髪を束ね前を歩いてく籠の鳩や不思議な果物に 埋もれそうな朝の市場痩せた年寄りは責めるように 私と日本に目をそむけるでも"RASA... RASA SAYANG GEH (和訳 : 残念だね)"その次を教えてよ少しの英語だけがあなたとの 架け橋なら淋しいから RASA SAYANG GEH~私のブログ友達の中でも大変興味深い旅をされ、魅力いっぱいの「Karianneさん」。彼女が今朝インドネシアへと出発されました!!彼女との交流は...

No image

ラテンの男☆ジェシー

*マチュピチュ遺跡へと向かう道。左からパトリシア、カトリーナ、ジェシー。【'02.03.15】インカの旅をより愉快にしてくれたのは、やはり現地ガイドのジェシーでしょう!!彼は私より一つ年下で、当時28歳でした。まずまず堪能な英語を喋り、気遣いもなかなかのものです。ツアーが始まる前日、ジェシーを囲んで、ツアー客7人で初顔合わせをしました。私が高山病にかかったことをパトリシアが大げさに話していたらしく、部屋までジェ...

No image

劇団四季『オペラ座の怪人』

【劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。】昨日の「オペラ座の怪人」について、私なりに思うことを書き残しておきたいと思います。このミュージカルを観るのは初めてですし、劇団四季の作品も私にとって「李香蘭」と「ジョン万次郎の夢」に次ぐ3作品目。観劇初心者の私ですので軽く読み流して下さいね。はいっ! 実に素晴らしかったです!!怪人ファントムの孤独、嫉妬、なおも溢れるクリスティーヌへの愛情、切なさ、、、昨日 ファ...

No image

あぁ~、目の前なのにぃ~~。

しっかり楽しんだ一日も終わり、只今 帰路の途中です。20:00頃に到着予定。今日は「ホテルグランヴィア大阪」の19Fで贅沢なランチを戴きました☆ (大満足!!!)まず、オーストラリアはタスマニア産の"スモークサーモン"。続いて"キノコのリゾット"に"和牛のヒレ肉"。パンはフランスパンとクルミパンで、デザートはソフトクリームとチーズケーキ、それと苺のムースでした。当たり前に、すんごく美味しかったです。特にパンが美味しい...

No image

「ワイナピチュ登山」のススメ

*霧に包まれて幻想的なワイナピチュ 【'02.03.16】この急勾配を登っていくのです。。。('08.01.31日記)と('08.02.01日記)の写真をもう一度見て頂けるでしょうか。。インカの遺跡の謎を解くヒントの一つは遺跡の形。ガイドのジェシー曰く、ワイナピチュから見るマチュピチュは「コンドル」を描いているのだとか。。私の写真では見えにくいですけどね。余談ですが、コンドルはご存知の通り、南米大陸アンデス山脈に生息する鳥。...

No image

クスコのタクシー事情?!

*マチュピチュ『主神殿』("本神殿"とも呼ばれています)。これは多角の石で造られた神殿。幅8mで、三方の壁に囲まれています。"地球・先史文明研究家"、浅川嘉富氏によると、マチュピチュは先史時代の高い技術力で建造した石積みと、それから遥か後のインカ人による石積み、遺跡崩壊直後に僅かに生き残った生存者達が再建した石積みの三種類あるそうです。この神殿は、使われている石の切り口や積み方から、先史文明の遺構であると...

No image

『きみに読む物語』

午後から降り出した冷たい雨と冷え込んだ空気、、外へ出るのが億劫な今日に相応しく「nanaco☆さん」お薦めの映画『きみに読む物語』のDVDを鑑賞しました。これって、本当に多くの方から愛されている作品なのですね。今まで出会っていなかったことが不思議なくらいです。もしまだの方がいらしたら、是非この美しい世界を覗いてみて下さいね。* * * * * * *美しさを残した認知症の老女に、ひとつの純愛物語を繰り返し読み聞かせる年...

No image

『picchuko』の由来

*マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ頂上より。マチュピチュ 標高2280m、ワイナピチュ 2720m。【'02.03.16】一面を霧で覆われたマチュピチュ、私とカトリーナは雲が晴れるのを山頂でしばらく待っていました。。マチュピチュはクスコからウルバンバ川に沿って114km下った地点より、400m一気に登った山頂にあります。あたりは同じように尖った山々で、周囲は断崖。はるか下を流れるウルバンバ川流域は熱帯雨林の繁るジャングル...