Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2008年04月

No image

クライストチャーチで美容院へ行く。

*Worcester St. Christchurch【'01.11月 語学学校への通学路にて】初めてNZで美容院へ行った時のこと。ある日、学校帰りにショッピングモールの小さな美容院を覗いてみました。"ずいぶんと髪も伸びてきたし、今日はさっぱりと切ってもらおう!"o(^-^)o英語でうまく説明できない私は、雑誌の中から気に入った髪型を指差します。「じゃぁ、流し台のところに来て。」 まずはシャンプーをしてくれます。私の知る日本の美容院は、全てシ...

David Garrett

*デイヴィッド・ギャレット(ヴァイオリン)1980年9月4日、ドイツ生まれ。アメリカ人とドイツ人のハーフ。4歳の時にヴァイオリンを始め、8歳にして国際的オーケストラとソロとして共演。子供の頃から、ヨーロッパや日本などの主要都市で演奏をしたり、偉大な指揮者らと共演し、ソリストとして大絶賛される。* * *ドイツ在住のsuhさんが1/14の日記で紹介して下さった"David Garrett"。そのsuhさんが、彼に興味を持った私の為にとCDを...

No image

サムナンくんと象に乗る!

*シェムリアップ到着後、最初に向かったのがアンコールトム。その入り口である南大門に至るまで、幅130mの橋の両脇には蛇神ナーガを引き合う阿修羅と神デーヴァの像が54体ずつ配されています。モチーフはヒンドゥー教の天地創造"乳海撹拌"。その神々の前で、「はいっ! ポーズ!」【'00.03.01】* * *出会った瞬間から心が通い合う、、そういうことって、一生のうちで何度経験できることなのでしょうか、、。サムナンくんとの出会いは...

No image

生まれ変わるカンボジア!

*「アンコールトム」にて"バイヨン寺院の観世音菩薩の四面塔"このお顔が一番美しいとガイドのサムナンくんに勧められて撮った一枚です。この日のバイヨン寺院は珍しいことに他に人影がなく、噎せ返る暑さの中を私達二人だけが遠い昔に還っていくかのようでした。【'00.03.01】(サムナンくんとの思い出は、9/14と12/14の日記に載せてあります。)毎週土曜日、夜の8時からのNHK番組"探検ロマン世界遺産"と9時から始まるTBS"世界ふし...

No image

ヨンサマ、4歳になる!

今日は、愛犬『ヨンサマ』の4回目の誕生日です!*私のヨン!、おめでとう!!これからも、ずっと一緒だよ。(≧ω≦)bこの子は非常に賢い犬。その理由の秘密は誕生日にありました。彼は英国の大文豪"シェイクスピア"と同じ誕生日に生まれたのです。シェイクスピア生誕より440年後。ホント、「4」という数字に縁の深いヨンサマですね。四つ葉のクローバーのように、沢山の幸せを運んでくれます☆* * *シェイクスピアのお話とは違うのですが、...

No image

大切なのは「トイレ事情」!

*ブリュッセルのある日の午後。【欧州最古かつ最高級のアーケード街、"ギャラリー・サンテュベール"入り口にて '05.01.01】今日の話は、('08.01.08日記)『タリスを止めた女☆』の続編であり、一昨日('08.04.23日記)と同じく『~を探して三千里編』でもあります。^^「ノートルダム大聖堂」を後にした私は、正月元旦のひっそりとした街中を歩いてアントワープ中央駅へと向かいました。途中 道に迷った私は、近くの男性に駅への行き...

No image

ウェリントン=ハンバーグ?!

*NZ唯一の政府管理による博物館「ティパパ」。1Fが博物館、2Fが美術館です。マオリ族の文化や歴史にも触れることができてとても面白いですよ。2階建ての黄色バスも可愛いでしょ!!【ウェリントン '02.01.06】一昨日の夕食は、私の大好物のハンバーグでした。昨日の朝、その残りを食べて仕事場へ。そして昼食。昼食はいつも施設の給食を戴いています。なんとその日のお昼もハンバーグ。。。いくら好きだと言っても、こうも続くと夢に...

No image

ルツェルンで台湾人・・・。

*ライオン記念碑【'06.12.31 ルツェルン】~スイスは中立国として宣言する以前から中立的な立場にあったが、生活のために他国で戦う傭兵が相当数いた。傭兵とは、金で雇われて戦争をするのである。戦争は理念や理想を守るため、あるいは愛国心からやむを得ず戦争に赴くこともある。しかしスイス人は、伝統的に金のために戦争に参加し続けてきた。剛胆な山の民であるスイス傭兵は、ヨーロッパ最強の軍団の誉れを得た。その敢闘精神...

No image

地震予知ならお任せ??

昨晩、真夜中の1時過ぎ、大阪湾を震源地とする地震があったようですね。兵庫県明石市で震度4、神戸でも震度3程度の、驚くような大きさではありませんでしたが、、。けれど、いつ大地震が来てもおかしくない今日この頃、小さな揺れでも気持ちが悪いです。それに震度4ってかなりの揺れですものね。ちなみに高松では震度1、香川県中西部ではピクリともしませんでした。* * *私が左上の親知らずを抜いてから、愛犬ヨンサマ&クリスは別...

No image

数分間のトキメキ?!

*スイス・ピラトゥス山 山頂より、遠くにルツェルンが見えています。【'06.12.31】私にとって一番の慰めであり元気の源は、なんといってもウルス・ブーラー(IL DIVO)!!彼の写真を見ずに、声を聴かずに一日を終えることは決してありません。そんなウルスの故郷、スイスのルツェルン。('07.12.19日記)にもルツェルンでの思い出について載せていますが、これはそのほんの数分前のお話です。無事にピラトゥス山頂まで登ることができた...

No image

昨日の『鶴瓶の家族に乾杯!』

*四国霊場八十八ヶ所 第七十七番札所「道隆寺(どうりゅうじ)」別にお参りするわけではなかったのですが、今日のブログにアップしようと、仕事帰りにちょっとだけ立ち寄ってみました。昨日の『鶴瓶の家族に乾杯(NHK 毎週月曜日、PM8時~)』、見ました?今回、鶴瓶さんと筒井道隆さんが訪れた町は「香川県多度津町」、私の住む町です!!番組の後、ブログ仲間さんからメールが届きました。「しっかり見ましたよ。」って!!なんだか、とっ...

No image

ドイツ年?!

元日にバイエルン在住のsuhさんとお会いできた今年、何かとドイツに縁があるようです。何故か昔からドイツを信頼している私にはとても嬉しいこと。香川県のJR丸亀駅前にある「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」。4/6~6/22の期間、『Neue Fotogrofie~ノイエ・フォトブラフィー、1920-30年代のドイツ写真』が開催されています。昨日、お馴染みのカフェで何気なく手にした↑のリーフレット。"1920年代後半、ドイツで勃興した写真の動向。...

No image

本当の"プラハの春"。

土曜日の8:00から放送されるNHKの「探検ロマン世界遺産」。今回は、"百塔の街"とも"建築博物館の街"とも称される美しいチェコのプラハが舞台でした。私はプラハに憧れつつも訪れたことはありません。オーストリアから近いですし、ゆっくり滞在したい街ですね。この街並みは、14世紀に建てられたプラハ城やカレル橋など、中世の面影を今に伝えてくれます。後世のものも、昔から受け継がれた美しさに調和するように造られているので...

No image

雨とファドゥーツ

*リヒテンシュタイン公国 首都ファドゥーツ表通り。丘の上に見えるのは"ファドゥーツ城"、大公様のお屋敷です。【'07.01.01】どんよりと低い雲がたなびく雨降りの午後、私は仕事をしながらも遠いファドゥーツの空を思い出していました。私がリヒテンシュタイン公国を訪れた'07年元日も、今日と同じような空の色。その日、スイスのルツェルンで新年の朝を迎えた私は、ザァザァ降りの雨に呆然となりました。僅かな時間、貴重な一日、...

No image

元気になってね。

昨日の夜から咳が止まらないヨンサマ。風邪気味なのか、気管に炎症を起こしているのか、"エヘン、エヘン"と苦しそう。仕事から急いで帰宅し、すぐに動物病院へ連れて行きました。私の説明を聞きながら、「もしかしたら心臓が弱いのかもしれないね。」と先生。「えっ? 心臓?」"そんな恐ろしいこと簡単に言わないでよ!"、私は心の中で叫びました。「でも、まだ3、4歳だよねぇ。。」「食欲もあるようだし、体重も増えているし、熱もな...

No image

「東山魁夷せとうち美術館」

*東山魁夷画「曙」香川県坂出市沙弥島(現在は陸続きです)にある「東山魁夷せとうち美術館」。彼の父方の祖父が、坂出市櫃石島の出身という縁で、今から3年前に開館しました。見上げると、そこには大きく伸びる瀬戸大橋(この春、開通20周年を迎えました)。瀬戸大橋のライトグレー色は、東山画伯が提案したものです。この美術館では、年間4回のテーマ展と春秋の2回に特別企画展を催しています。来週の日曜日までは、「魁夷 ― 夢の中 ...

No image

綺麗な方ですね、海老蔵さんって。

*『第24回四国こんぴら歌舞伎大芝居』成功祈願お練り。頭が切れしまったのが非常に残念ですが、人力車に乗る「市川海老蔵さん」です。【香川県琴平町 '08.04.04】今日から開幕の"こんぴら歌舞伎"。今年は、歴代最年少で座長をつとめる市川海老蔵さんを筆頭に、役者さんの平均年齢も大変若く、勢いのある舞台が期待できそうだとか。。また海老蔵さんは今回初めて女形に挑むということで、ただでさえ入手困難なチケットは...

No image

ジロちゃん。

*ジロ 【'96.12.06~'06.04.04】2年前の今日は、我が家の家族になった2番目のポメラニアン『ジロ』が死んでしまった日です。ジロは生まれて間もない、手のひらに乗るくらい小さな頃にやって来ました。ジロは双子の片割れです。双子のうち一匹は"ウルフサブレ"というグレーに近い毛の色で、もう一匹は普通の"茶+オレンジ色"の毛並み。「どちらの色がご希望ですか?」「もう お一方からもお願いされているので、、。」私の方が先に申...

No image

それ行けカープ!!

"次回は絶対、カープ側外野席で応援しよう!!"これは、私が広島市民球場で 初めてプロ野球観戦をした時の感想です。高校時代の私は青春時代に相応しく、高校野球に夢中でした。好きな選手の学校(香川のお隣、徳島県にある池田高校)まで押し掛けて、当時 かなり有名だった蔦監督の色紙までもらってくるほどの熱狂ぶり。けれど片やプロ野球となると、その頃の香川ではTVに流れるのはいつも巨人戦でしたし、活躍する選手達も幼い私には...

No image

まさか、信じる?

*今から6年半前、クライストチャーチの語学学校での一枚です。真ん中の女性がNZ人のロビン先生。生徒11人の国籍は、日本、中国、韓国、そしてタイ。誰がどの国だか分かります?ちなみに最前列左端の私は、この時28歳の日本人でした。(^^)【'01.09.07】* * *「ベルギーに本部がある欧州連合はとうとうエイプリルフール廃止へ動き出した。欧州でエイプリルフールのいたずらの被害者の訴訟が急増中だからだ。― というのは3年前のエイプ...