『狂言』のススメ

『能』に『狂言』、、、数年前までは、私にとってかなり敷居の高い古典芸能でした。("お能"は、今でも私にとっては睡魔との戦いです。^^)いえ、それらがどういうものなのか 全く知らなかったと言う方が正しいですね。中学高校時代に、日本史で室町時代の"観阿弥・世阿弥"について軽く習ったくらいでしょうか、、。昔の参考書を紐解くと、「14世紀末、観阿弥・世阿弥の父子は 幽玄を旨とする猿楽能を大成した。幽玄とは気品があり、...

迷ってました。f^_^;

「迷ってませんか?」第一と二の演目が終わり、休憩に入ってから気がつきました。なかなか会場(大阪能楽会館)にたどり着かない私を心配して、Y君がメールをくれていたのです。あはは。 確かに迷っていました。f^_^;一度来たことがあるからと、下調べもせずに怪しい勘だけを頼りにしたのが間違いだったようです。。(^_^;)梅田から僅か7分の所にある会館を通り越し、肝心の会館周辺を40分も半べそかきつつウロウロしていた私。今日は大好きな九世野村万蔵...

お年寄りを大切にしたいですね。

AM5:30。けたたましい電話に、薬で熟睡していた私までも飛び起きました。電話の主は近所に住むYさん。寝たきりのご主人さんはもう何年も前から入院されていて、90歳近いその奥さんは 広い邸に一人きりで生活されています。今朝、奥さんはトイレに行こうとして転んでしまい、何とか動けるようになるまで待って、電話を掛けてきました。Yさん宅は、以前 建築業者の事務所だったところを増改築したのだそう。ですから、あちこちに大き...

憧れの女性。

*"黒髪の貴婦人"、クーデンホーフ光子さん 〈1874年(明治7年)7月16日-1941年8月27日〉私がブログを始めたのは昨年の9月1日。この日記で300件目になります。「3」という数字は、数霊(カズタマ)の意味としては"実(ミ)"を表します。そして10/13の日記にも書きましたけれど、狂言師・故 野村万之丞(八世野村万蔵)さんの言葉を借りると、「日本人は"表裏一体"の言葉にもあるように、一つだけの考えではなく、二つで一つと考えてきた。こ...

今、晴天のリヒテンシュタイン公国にいます! (from きょん)

*我が大親友「きょん」さんより 【'08.06.22】私の親友きょんさんは、只今 スイスを添乗中です。今回、スイスのお隣「リヒテンシュタイン公国」に初めて足を踏み入れた模様。私が以前に書いた「雨とファドゥーツ(リヒテンシュタインの首都)」の日記を覚えてくれていたらしく、晴天のリヒテンシュタインからメールを送ってくれました。(^o^)/世界的に有名な"切手の国"に相応しい写真ですね。きょんさん、ありがとう!!今はヨーロッ...

散髪の日。

今日は雨の中、ヨンサマとクリスを散髪に連れて行きました。お店に入った途端、大きな犬に吠えられた2匹は、尻尾を落として縮こまってしまいました。うちでは恐いもの知らずの彼らでも、外の世界はそれなりに厳しいようです。^^4時間後、いつもより丸く小さくなって帰って来ました。少しは男前が上がったかな? ^^*彼らの遊び場になっている按摩器の上で。ひじ掛けの部分は、ヨンサマにかきむしられて痛々しい姿になっています。。。...

新しい門出に。

先週は広島へ、その前の週末は岡山へ、、そして、来週は大阪へ出掛けることになった私、この週末は大変大人しくしております。^^* * *「お元気ですか?今月末の大阪公演で狂言の世界から離れる事になりました。大阪公演に僕は出ませんが、もし来られるようでしたら会ってお話できればなと思ってます。」10/2の日記にも書いたY君からメールが届きました。彼も、先日久しぶりに会ったN君と同じく、大切な広島の仲間の一人。現在、和...

癒しの時間。

《ザルツブルクの古城を、雪の樹間に見る構想は、音楽の都ザルツブルクへの、私の思慕の心を表す。それは、聖夜の幻想にも繋がっている。》東山魁夷画&詩 「雪の城」 1970年東山魁夷画伯の詩と 静かな時間の中での出会いが好きです。5~8月の金曜日のみ、香川県坂出市にある「東山魁夷せとうち美術館」では 閉館時間が通常の17時から19時に延長されます。私は夕暮れ時にふらりと この美術館を訪れるのが好きです。美術館のラウンジでは、穏やかな瀬戸内海を眺...

サダコと千羽鶴。

♪千羽鶴  千羽鶴   翼を広げて~ 舞い上がる  舞い上がる  サダコの夢乗せ~平和の鐘  鳴らそ  みんなで  鳴らそう~~~サ~ダ~コ~  will carry on (carry on)   サ~ダ~コ~  will carry on~ You are the symbol of peace ~♪広島平和記念公園の一角にある「原爆の子の像」、今年で建立50周年を迎えるそうです。ご存知、そのモデルとなったのは佐々木貞子さん。2歳で被爆し、10年も経ってから白血病で短い生...

やっぱり好きだな、広島。

薄曇りの広島の街は、淡い紫色が少しずつ深まって 点々と灯り始めたオレンジ色の街の明かりが印象的でした。港のすぐ近く、"プリンスホテル"の23Fからは穏やかな瀬戸内海と広島市内が一望できます。微かにシャンソンも流れていました。本当は写真を撮りたかったのですが、素敵な雰囲気を壊してしまいそうで、、。^^やっぱり好きだな、広島。* * *「急な話だけど、今日の夕方時間ある?」岡山から広島へ向かう新幹線の中、...

Hayley Westenra ..PURE VOICE CONCERT 2008

「この娘(こ)、また綺麗になった。。。」ステージに現れたヘイリーを見て、一番にそう思いました。7年前、彼女を囲む周りの人達から大切に大切に守られながらステージに立った少女ヘイリー。昨日、彼女は独特の飛び跳ねるような歩き方で 堂々と笑顔に自信を満たせて登場し、ステージは一瞬にして華やかになりました。身長も随分と伸びて、身体つきも程よく丸みを帯びて、、。あの頃 天使だったヘイリーは、いつのまにか神話に出て...

淡い恋心、、それはクライトチャーチの風の中。

*クライトチャーチ、語学学校"Southern English Schools"前にて【'01.12月】今日はこれからヘイリーのコンサートへ。 まるで海外へ行くような気持ちの高まり。^^ですから、今朝は早朝5時過ぎから大掃除をしました。久しぶりに、昔の想い出が詰まった箱を開いてみました。中学2年の3月、卒業式の後 部活の先輩からもらった制服の第2ボタンも、、、初めてYさんとデートした時に二人で拾った貝殻も、、実はまだ捨てられずにとってあり...

僕は陽気なブラジル人。

*彼、マルッシオはブラジルのサンパウロ出身。2001年、クライトチャーチの語学学校で事務員をしていました。今でも時々、マルッシオにメール送ろうかな~、なんて思うことがあります。(アドレス変わってるよね。。)元気にしてるかなぁ~、なんて。^^なぜマルッシオと仲良くなったのか、、今となっては不思議ですけど、いい年してはしゃいでいた私はラテン男から見ても貴重(?笑)だったのかもしれません。^^* * * 2001年9月。あの頃...

もう一度、ANZの口座作ろうかな~。^^

*クライストチャーチ、大聖堂広場でチェスをする人達。【'01.12月】今日の為替レートは、1NZドル=およそ80.8円。昨日の日記に、2001年当時は70円弱だったかなぁ~って書きましが、調べてみると どうも50円台前半だったみたい。^^;昨年6月に96円まで上昇した時と比べると少し落ち着いてしまったけれど、この6~7年間でずいぶんと伸びたなぁって感じます。'01年9月の、NY同時多発テロ直後は一時49円だったのに。。こんなことなら、A...

ヘイリーとの出会い。

*ヘイリー、NZ国内での2ndアルバム「my gift to you」。主にクルスマスソングが収録されています。NZ$32.95だったのね。当時、NZ$1=\70弱くらいだったかしら、、? わ、忘れてしまってるわ~。^^;<"Hayley Westenra"プロフィール (公式サイトより)>1987年生まれ。ニュージーランドのクライストチャーチ出身のシンガー。2人の妹弟と共に、バスキング(路上パフォーマンス)をしていた彼女は、2000年にデモ・アルバムを作る。それが...

『いのちの食べかた』を観て

'03~'05年にかけてドイツ・オーストリアで製作され、日本では昨年11月に公開された映画『いのちの食べかた』。今(7~13日)、岡山の"シネマクレール"にて再上映されています。<あらすじ>誰もが毎日のように食べている大量の食品は、どのような過程をへて消費者の手に届くのか?現代人の命を支えながらも、ほとんど知られていない食料生産の現場に密着。ベルトコンベヤーに注ぎ込まれるヒヨコの群れ、自動車工場のように無駄なく解...

さすがだわ、私! ^^;

今、岡山市にあるオリエント美術館のカフェ"イブリク"に来ています。落ち着いた照明と、物静かなママ、、そしてウェッジウッドの器に入れてくれるコーヒーの美味しさに、私は岡山に来ると必ずここに足を運びます。^^* * * * * * *昨日の午後、ヘイリーのチケットをネット予約した私。今回は直前の予約ですので、支払・受け取りは"セブン-イレブン"のみという"すぐチケ"を利用しました。レジにて払込...

来週、広島へ行きます!

ヘイリー話題のNEWアルバム、『純~21歳の出会い/HAYLEY sings JAPANESE SONGS』を手にしました。つい先日もNHKで、ヘイリーと本田美奈子.さんのデュエット「アメイジング・グレイス2008」を取り上げていたそうですね。彼女は以前、TVドラマ"白い巨塔"の主題歌としてこの曲を歌っていますが、今回は日本語を交えながら、本田美奈子.さんが遺した歌と時空間を越えてのデュエットです。このCDをいつ買うか迷っていた私ですが、店頭...

いつも一緒だよ。

映画『犬と私の10の約束』、見たい見たいと思いつつ すっかり忘れ去っていたことに、今日 気が付きました。(;_;)昼過ぎのこと、施設に届いた郵便物を整理していたら、ある月刊誌のコラム欄にあった文字「犬の10戒」が目に入って。。。改めて読むと、じ~んとしますよね。。愛犬"ヨンサマ&クリス"、そして自分の為にも、ここに記しておこうと思います。1. 私と気長につきあってください。2. 私を信じてください。 それだけで私は幸...

茂木さん崇拝。

今日もTVで茂木健一郎さんを拝見しました!そう、最近の私は彼にはまっているのです。^^彼の頭の中が非常に気になって、気になって。脳科学者の脳をちょっぴり覗いてみたい心境です。^^昨日は彼の著者、「脳を活かす勉強法 ~奇跡の強化学習」を一気に読んでみました。面白いですよ。自分の脳にも無限の可能性を感じることができますもの☆『したがって、脳科学的に見れば人間は誰しも境遇や年齢、性格などにかかわりなく、飛躍的な成...

パリ"自由の女神"

「あの子、さっきからずっといるわよね。」「なに、"自由の女神"でも見に来たんだろ。」男は女の長い髪をかきあげながら、ちらっと後ろを振り返った。場所はセーヌ川のほとり、アール・ヌーヴォー様式の建物が並ぶ"ラ・フォンテーヌ通り"の対岸である。やっと雑踏の中から抜け出てきた二人は、雨上がりの夕暮れ、寄り添うようにセーヌの流れを眺めていた。美男美女のパリっ子である。 彼らはパリの街と同化して、実に絵になる。「...

パリ、ジュテーム!

まだ眠れない夜が続きそうなので、先日 DVDを何枚か借りて来ました。少し軽めの映画を探して、、。「Paris Je t'aime」パリの街角を舞台に、18のショートストーリーが織り成す恋の世界。一話5分程度のお話なので、気楽に楽しむことができます。どの作品も後味のいい余韻を残す感じ。^^パリの日常の延長線上にあるドラマです。普段着のパリにユーモアや切なさが入り混じって、、どこにでもあるような出来事は勿論のこと、なんとヴァ...

「モナ・リザ」

『パリ』といえば何を最初に思い浮かべるでしょうか?エッフェル塔? 凱旋門? シャンゼリゼ通り?私の一番はというと、それは"額に傷のある黒人女性"ですけど(^^;)('07.10.12日記)、その次に蘇るのが「モナ・リザ」です。最終日、私もパリを訪れる多くの人の例外ではなく、"ルーヴル美術館"へと足を運びました。それまで「モナ・リザ」という名画に対して、さほど特別には思っていなかった私。けれど、やはりここまで来て見ずに帰る...

神戸からパリへ!

*私が出会ったパリの街角【'00.01.08】6/1は、私の尊敬するOさんの誕生日。おめでとうございます!!Oさんには大学時代、広島で大変お世話になりました。(^^)彼は現在 奥様と横浜で住んでいらっしゃいますが、元々は関西の方。数年前までは神戸にいらっしゃいました。初めて神戸のルミナリエを案内して下さったのもOさん。その時、親友のY子と3人で食べたチーズフォンデュの美味しさも格別でした。☆^^☆確か、異人館近くの"スイ...