Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2008年10月

No image

スポーツの秋…今日は体育祭でした☆

今日は、香川県下の老人福祉施設が集まって、職員による体育祭がありました。うちの施設からは私を含め6名が参加。気持ちの良い秋晴れの下、日頃のストレス発散にと、よく食べ、よく喋り、よく笑いました。^^そうです。o(^-^)o参加した競技は、"玉入れ"・"借り物競争"・"パン食い競争"・"千本釣り"の4種目だけ。後は、ず~っと皆でお喋りしていました~。(*^_^*)体育祭の後も、近くのカフ...

No image

クラシックのお好きな方には、、、。

手前がモーツァルト記念碑、右がシューベルトのお墓です。【'04.01.01】『ウィーン中央墓地』240ヘクタールもの広大な敷地に、音楽家や画家など多くの著名人を含めた300万人を超える人々のお墓があります。中でも、「楽聖特別区」の"第32A区"には、ベートーベン、シューベルト、シュトラウス父子、ブラームスといった大作曲家たちが数多く眠っています。敷地内の並木道は、映画「第三の男」に登場したもの。 * * *「私が中央墓地へ...

No image

キューピッドは私よ。

もう何年前になるだろう。。大学2年の春、一学年上の"まぁくん"という仲の良い先輩がいました。とても可愛らしい顔に、ユーモアと話題の多さで女の子達から結構人気があったと思います。同じ高校出身で、同じく広島に住んでいたMegumiが、私の大学へ遊びに来た時のこと。その まぁくんに一目惚れをしてしまったのです。私に協力を求めるMegumi。けれど私は、彼が彼女に気がないことを十分すぎるほど知っていました。う~...

ブーリン家の姉妹

歴史とは、一人一人の感情の積み重ねなんだなぁ~。映画『ブーリン家の姉妹 (原題 : The Other Boleyn Girl)』を見て、改めてそう思いました。そして、エリザベス1世の母「アン・ブーリン」がこれほどに野心家だったとは、、。(もちろん、実際はどうだったか、、、?)どちらかといえば、映画の中でアンの妹として描かれたメアリーの方が、今までの私の中のアン像でした。時代に翻弄されつつも、自らの手で人生を切り開いていった...

No image

私は見た。

映画の後、一枚、一枚、スクリーンに映し出される画家ゴヤの絵。この映画でまさに命を吹き込まれたかのように、生きた姿で私の前に現れました。『宮廷画家ゴヤは見た』本来なら主人公であろうゴヤが狂言回しとして描かれ、その彼の目を通して、一組の男女と、彼の生きた18世紀末から19世紀初めにかけてのスペインの動乱が生々しく映し出されています。視点を少しずらしただけで、映画がこうも生きてくるなんて、ちょっと興味深い仕...

No image

ローマの夜☆

*古代ローマの象徴、コロッセオ(コロッセウム)【'06.01.01】昨日、帰宅した私の目にとまったものが"格安イタリア周遊6日間"というチラシでした。「もしかすると、picchukoがこの春にでも行くと思って、、。」と母。「どこに そんな余裕があるの!」「でも、せっかくだから行ってくればいいのに。 イタリア、好きでしょ。」そう、私はザルツブルクの次にローマが大好きなのです☆(*^―^*)イタリアを思い出した私は、早速フィリッパ・ジ...

No image

油断ならない海外旅行。

*ローマの街角。【'06.01.01】今でこそ あまり読まなくなりましたが、数年前、私は色々な方達の海外旅行記ばかり貪り読んでいた時期がありました。彼らの失敗談や恐い体験などを客観的に眺めることは、とても愉快で、そして非常に参考になるものばかりだったと思います。それでも、おっちょこちょいの私は同じような失敗ばかり繰り返していますけど、、、。^^;* * * * * * *フィレンツェから列車(ESスター)でおよそ1時間半。ルネッ...

No image

〈書く力〉

爽やかな秋晴れとは裏腹に、どことなく身体がだるく やる気の出ない今日この頃。せっかくの日曜日、私は一日中 ごろごろとしておりました。^^;本でも読もうかな。そうして手にとったのが、随分と前に父から貰った『原稿用紙10枚を書く力(齋藤孝著)』。あぁ~~、今、読むんじゃなかった。。。(∋_∈)ただでさえ元気のない時に、ますます落ち込んでしまいました。(T_T)いえ、決してマイナスの気分になる本ではないのです。この本は、...

No image

◇吉村作治・エジプト展◇

以下、リーフレットより抜粋。《2007年1月、ダハシュール北遺跡から「吉村作治調査隊が新たな未盗掘ミイラを発見!」というニュースが世界を駆け巡りました。エジプト考古学史上でも過去に例がないといわれる夫婦ミイラの発掘。さらに同年10月には、新たな親子ミイラの発見!という驚くべき快挙が成し遂げられました。そして今回、発見されたばかりの3500年~4000年前の未盗掘木棺、「チャイの人型棺」「セベクハトとセネトイトエス...

No image

ローザンヌ歌劇場  『カルメン』 2008

これほど、あらゆる赤色が似合う女性はいないのではないだろうか。それが私の持つカルメンの印象です。『カルメン』という演目にも、カルメンで演奏される組曲にも、昔から思い入れが深かった私は、今回のオペラ鑑賞は特別に期待していたものでした。今回 残念なことに、カルメンを演じるはずだった"マリーナ・ドマシェンコ"が体調不良の為に来日できず、代わってフランス人の"ベアトリス・ユリア=モンゾン"が舞台に立ちました。け...

No image

ほんの少しだけ"京都"。

やはり私にとって、東京と大阪は世界一難解な街のようです。今回も"サザエさん"のようなことを仕出かしてしまいました。^^;新大阪駅に降りた私は、いつものように在来線乗り場へと足を速めていました。というのも、只今 梅田の阪急百貨店にて北海道展が催されている情報を、ブログ友達「yorosiku!」さんが知らせて下さったからです。*yorosiku!さん、わざわざ有難うございました。^^"ロイズのチョコポテチも売ってますよ♪^^"先日も...

No image

上機嫌♪

*ザルツブルクで最も賑わいのある通り"ゲトライデガッセ"のウィンドウにて。 【'07.12.31】今日の私は上機嫌♪少し気が早いかもしれませんが、年末年始の旅行計画が具体的になってきました。年々 贅沢になってきたカウントダウンの過ごし方、、今年はその中でも最高の夜になりそうです。(o^―^o)12/31の午後、ザルツブルクを離れ ドイツへと国境越え。ミュンヘンを経由して、中世の面影を今に伝えるアウグスブルクへと向かいます。ア...

No image

秋といえば、"ロシア文学"?!

ツルゲーネフ・『はつ恋』。長年 気になっていた小説を、昨晩ようやく読み終えることができました。【16歳のウラジミールは、別荘で零落した公爵家の年上の令嬢ジナイーダと出会い、初めての恋に気も狂わんばかりの日々を迎える、、、が、ある夜、ジナイーダのところへ忍んで行く父親の姿を目撃する・・・。青春の途上で遭遇した少年の不思議な"はつ恋"のいきさつは、作者自身の一生を支配した血統上の呪いに裏づけられて、不気味...

No image

愛するチョコレート☆

毎日、一つずつ大切に食べてきたお土産のチョコレート。残り僅かとなってきて、なんだか寂しい今日この頃です。。(;_;)8月末のこと、親友「きょんさん」からスイスのチョコレートを戴きました。(写真、中央"GOLDKENN"&右"TOBLERONE")そして9月には、新婚旅行のお土産にとN子さんからパリのチョコレートが届きました。(同、左"MAXiM'S DE PARIS)どちらも伝統ある高級チョコレートです。^^私、チョコレートが大好きなんです☆それもヨ...

No image

珠玉の贈り物 ~星の王子さま~

ブログ友達「nanaco☆さん」は驚くほどの読書家です。^^7/8の彼女の日記で、サン・テグジュペリの名作『星の王子さま』のレビューを読ませて頂きました。恥ずかしながら、こんなに有名なお話を、私は今まで開いたことすらありませんでした。遠い記憶に、、私がまだ幼い時分、確かTVでアニメ放映をしていたと思います。主題歌は完璧に覚えているのですが、内容は? となると、王子さまと真っ赤なバラが言い争っている場面しか私の中に...

No image

『Smile Please !』~藤原紀香写真展~

8年前のこと。私が国際NGO『フォスター・プラン』を通して、僅かながら毎月の寄付を始めた時、「その団体って信頼できるの?」「自分が良かれと思って寄付しても、それがきちんと活かされているのか疑問に思わない?」と友達から聞かれたことがあります。勿論、きちんとした活動報告や決算報告も頂いています。けれど、私にはそんなことはどちらでもいいのです。その内の"1円"でもいい、何かの役に立っているのなら、、。今はまだ何...

No image

3歳の誕生日。

そういえば、、、このブログに、ヨンサマの赤ちゃん時代の写真を何枚か載せましたけど、クリスの写真はまだでしたよね。^^これは、クリスが我が家に来て2、3日目、生後4ヶ月の写真です。(o^―^o)あの頃のクリスは大変 大人しく、どの子よりも か弱そうに見えました。それが有難いことに、一度も病気にかかることなく、明るく元気に育ってくれました。そして、本日 無事に3歳を迎えることができました。『クリス、お誕生日おめでとう...

No image

拝啓、 シシィ様

「随分と髪が伸びたわねぇ。」最近、色んな方からそう言われます。^^髪をおろすと、ウェスト近くまであるでしょうか、、。大学生の頃はよく髪型を変えていた飽き性の私ですが、10kg程痩せたのを期に、真面目に(?)髪を伸ばし始めました。これほど長くなったのは子供時代以来かもしれません。その理由の一つが、オーストリア=ハンガリー帝国皇后「エリザベート(シシィ)」の黒髪の豊かさに惚れてしまったからです。(*^_^*)もちろん、...

No image

お目覚めに♪

*ザルツブルク、ミラベル庭園にて 【'07.07.16】おはようございます。今日から10月。外は台風の影響で雨が降っていますけど、気持ちだけは晴れ晴れと前向きでありたいですよね。^^モーニングコーヒーを飲み、今はゆったりと音楽に耳を傾けています。珍しくクラシックが聴きたくなって。。曲名は『フルート四重奏』、モーツァルト作曲です。以前の日記(07/12/17)で紹介したザルツブルクの「Hotel Mozart」で戴いたこのCD。モーツァ...