アンナ・カレーニナには黒髪が、、、

今、光文社刊行の望月哲男さんによる新訳『アンナ・カレーニナ』を読んでいます。とはいっても、本を開くと眠くなる私ですので、その進行具合は遅々として進まず、、、。(^^;場面はアンナの兄・オブロンスキーの離婚騒動の只中、、、そう、アンナの登場どころか、未だこの長編小説の入り口でウロウロとしております。(苦笑)* * *そんな私の救いの主(?)か、レンタルショップで偶然見つけた映画版『アンナ・カレーニナ』。数...

景色はいい処だった。

景色はいい処だった。寝ころんでいていろいろな物が見えた。前の島に造船所がある。そこで朝からカーンカーンと金槌を響かせている。同じ島の左手の山の中腹に石切り場があって、松林の中で石切り人足が絶えず唄を歌いながら石を切り出している。その声は市のはるか高い所を通って直接彼のいる所に聞こえて来た。                             ~志賀直哉 『暗夜行路』より~せっかくなので、今度は...

さて、問題です!(笑)

ハンガリー行きまでには後2ヶ月半もあるものの、年の瀬も迫ってくると 慌ただしく予習などできないでしょうから、今から少しずつ下調べを始めています。といっても、これまで 殆ど関心のなかった国ですから、そこで使われている通貨の単位からして知りませんでした。EUに加盟して5年、てっきりユーロ圏だとばかり思い込んでいたのです。(^^;ハンガリーの通貨は「Forint(フォリント)」!ブダペストでは日本円との両替も問題ない...

蔵のある風景。

好みのカフェというのは、ちょっとした旅先でも出会えることが多いです。ですが、好みのカフェ+自分の口に合った珈琲との出会いというのは、これはちょっと難しい。。。私にとって、その両方を満たしてくれるお店というのが、1.岡山市立オリエント美術館 「カフェ・イブリク」  (1、2年前にママさんが代わって、雰囲気まで少し変わってしまったのが残念です。。。)  2.オーストラリア大陸のど真ん中の町゛アリス・スプリ...

紅葉にはまだ早い閑谷学校。

この三連休、今日を除く二日間はどちらも日帰りで岡山県へ行って来ました。10/10の土曜日は、備前市にある特別史跡 『旧閑谷学校(きゅうしずたにがっこう)』へ、そして昨日の日曜日には、倉敷の美観地区へと車を走らせました。そこで、まずは『閑谷学校』で撮った何枚かの写真をご紹介したいと思います。^^(ちなみに、写真は全て携帯の写メです。・笑)* * * * * * *ETC割引のおかげで 瀬戸大橋が1000円で渡れるようになって、...

女帝エカテリーナ。

先週末に鑑賞した「国立トレチャコフ美術館展 ~忘れえぬロシア」。(9/26日記)会場から出た私は、高揚した感情を持て余しながら、ミュージアムショップで絵ハガキなどを選んでいました。ふと顔を上げると、そこには図録などと混じって池田理代子さんの漫画『女帝エカテリーナ』が並べられているではありませんか!池田理代子さんといえば、あの「ベルサイユのばら」☆私の生まれた年に連載が開始した「ベルばら」は、リアルタイム...