旅は道連れ・・・。

「落としましたよ。」すっかり動転していた私は、ピラピラの切符がホームを舞っていたことさえ気付いていませんでした。危ない、危ない、、、あんなに苦労して手に入れたのに、、、。^^;切符売り場の窓口で、あらかじめ乗り場を確認していたおかげで、ヤロスラヴリ行きの列車を見つけることは簡単でした。ですが、完全に自信を失った私です。車内の路線図を何度も何度も確認しなければ、落ち着いて座ってなんていられません。「こ...

行き先は、「スーズダリ」!、、、のはずだった。。。

「あのぉ~、鉄道駅へはどちらから行けばいいのですか?」私は駅員さんらしき人に尋ねました。「◎×&$$Д・・・。(^^)/」あら あなた、意外と(?)愛想がいいのね、、、でも私はロシア語が分からないの。。。「スーズダリ」へは、「ウラジーミル」という街で鉄道からバスへと乗り換えます。その「ウラジーミル」へ行く為には、まず鉄道駅の「ヤロスラーフスキー駅」もしくは、「クルスク駅」を目指さなければなりません。クルスク...

The Tolmachevy Twins♪

ヨーロッパの歌の祭典 「Eurovision Song Contest」・・・それは、参加国が自国をのぞく他の国を採点した結果で その年の優勝国が決まるという音楽コンテスト。1956年から毎年開催されており、現在では公式サイトによりインターネットでも中継されている超人気番組ですので、ご存知の方も多いことでしょう。そして、2003年からは ジュニア版「Junior Eurovision Song Contest」が登場しました。先日、ロシア民謡の中でも最も有名な...

今の気持ち。

旅行記を続ける前に、今の気持ちを少し綴っておきたいと思います。モスクワから帰国して後、いつになく気持ちが高ぶっており、あの場所で見た多くのことを、それこそ小さな小さな出来事さえも書き残しておきたいのに、いつも以上に満足のいく文章になりません。書きなおしても、何度 書きなおしてみても、何かが違う。ますます文章に歯切れがなくなり、行き詰ってしまう。。。違う、違う、、、全然 違う!!決して 好きな場所では...

美しき青きモスクワ地下鉄。

もう数年前のことになりますが、私の毎朝の楽しみが、NHK教育(TV)の語学講座でした。もちろん、語学の勉強の為ではありません。(^^;番組後半で紹介される それぞれの観光名所、そして流行の音楽や話題の映画など、新たな感動と旅先を探して、とりわけ古代遺跡が豊富で、未知との遭遇が多いアラビア語圏の映像がお気に入りでした。ある土曜日、30分早くTVを点けると、そこにはロシア語講座が流れていました。ロシアには興味ない...

人は見かけじゃないのよね。^^

ピカッ!25階の大きな窓の外を、見事なまでに縦に稲光が走りました。中心部から少し外れにあるホテルだからなのか、大国の首都とは思えないほど夜のネオンも少なく、余計に稲光の眩しさが強調されます。奇しいその光は、怖いというより不思議な魅力でモスクワの空を照らし、私はその美しさにしばし見惚れていました。30分ほど賑わせた雷が去り、静けさを取り戻した部屋の中、、、あ、明日の朝は早いんだった!*実は、今回も直観だ...

イヴァン雷帝より歓迎を受ける?!

6日の朝8時半、定刻より20分程早く 関西空港に到着。相変わらずの超特急ではあったものの、選ばれたかのような中身の濃い(?)今回の旅は、日本の地を踏むことにより、ここに無事 終了致しました。そして、これまでになく張り詰めていた緊張の糸が、帰国後 数日を経てプツッと切れ、今の私は完全に すっからかんとなっております。(笑)* 「モスクワ」は、たった2日間とは思えないほど、様々な表情を私に見せてくれました。ただ...

モスクワより愛を込めて。

*ロシア正教の聖地として栄えてきた街、「セルギエフ・ポサード」にある世界遺産「トロイツィ・セルギエフ大修道院」。【'10.05.03】この写真を、日本にいる何人かの親しい方達に送りました。 「これはプーチンとの新居でしょうか。 玉ねぎの色使いにこだわりを感じます。(●^ー^●)」今回、職場には極秘で進めてきたモスクワ旅行。 ですが、2人の仲良しさんにだけは こっそり話してしまいました。 ↑の台詞は、愛を込めて(?) ロシ...

出発!

これから香川を出発します。明日の朝 9時までに関空入りする為には、私の住む町からの始発列車では間に合わないからです。(-_-)そこで、今晩のうちに関空へ行くことを決心しました。そうです!関空のベンチで夜を明かすというわけです。(爆)実は 過去においても、二度程 夜中の関空を体験しており、どこで枕と毛布を借りればよいのか、何時頃 係員さんからパスポートチェックを受けるのか、夜中の大きな掃除機の騒音も、すでに全て熟知しております。ヾ...