Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2011年01月

勝った方が生贄だなんて!?

「いつもは下手なメンバーが、今日に限ってシュートを決めました。はい、あなたは勝ったチームのキャプテンです!」「はい、あなたが本日の生贄です。^^」えっ? 試合に勝った方が生贄だなんて???普通、逆でしょ?「古代マヤでは血を流すことが天国へ行ける唯一の方法と考えられていました。」「生贄になるということは、非常に名誉なことなのです!^^」うぅ~、それどうなのよ。。。('~`;)チチェン・イツァ内にある『球戯場...

第1号☆

ブログを始めたきっかけの一つは、私の旅を言葉で残そうと思ったから。ですが、違う方法もあるんだな~と、自分を表現する方法は色んな形の方が楽しいな~と思い始めました。^^大学入試で失敗して以来、怖くて20年もまともに絵筆を握ったことのない私ではありますが、皆さんに触発されて、これからは少しづつ絵の練習をしていくつもりです。まずは下手くそな第1号を堂々と!!アップしましょう。(笑) 記念となる第1号ですから、...

寛ぎの有馬温泉。

いつの頃からだったか、凄くパワーのある場所に立つと、魂が震う感覚を覚え、その反面 著しく体力を消耗してしまうようになりました。ですから、よほど身体を鍛えておかなければ、普通の生活に戻るのにしばらく時間がかかってしまいます。イタリア旅行を計画した時などは、半年以上 毎日10km弱の距離を歩いて、古代ローマやルネサンスパワーに負けないように備えて臨みました。ところが、今回はすっかり油断していました。ところが...

ククルカンのピラミッド(El Castillo)

「え?メキシコにピラミッドってあるの?」昨年暮れ、何人もの同僚にそう言われました。あら? 中南米のピラミッドって、遺跡好きじゃない人にはあまり知られていないのかしら?マヤとアステカのピラミッドを知らない方が私には不思議でしたけど、確かにピラミッド=エジプトってイメージが強すぎますね。。。そんな方にこそ、マヤ人の叡智そのものであるチチェン・イツァのククルカンのピラミッド(エルカスティージョ)を是非見...

マヤに魅せられて・・・。

今日の天気が晴れだったのか雨だったのか、そんなことも知らずに一日を終えようとしています。お腹が痛くて、自分の部屋から出られなかったからです。(><)弾丸ではるばる渡ったメキシコでも、元日の私の健康は最悪でした。もう倒れるかと思ったくらいフラフラで、美しいカリブ海に目を見張ったのもつかの間、できることなら救急車~~~!と叫び声を張り上げたいくらい苦しかったです。たぶん、12月中旬にひいた大風邪が、今もき...

picchukoのバカ☆

カンクンに降り立ったのが、現地時間の12月30日 午後4時半過ぎのこと。思いの外 入国審査に時間が掛かり、空港を出る頃にはすでに薄暗くなっていました。その日は天候もあまり良くなく、ぽろりと今にも降ってきそうな重い空。灰色の雲を見上げながら、   さて、ここからチチェン・イツァに隣接したホテルまでをどうするか、、、。           あらかじめ、ウォータースポーツカンクンの吉田さんから、「30日に到着後...

カンクンを旅される方は是非!

カンクンといえば、メキシコでも指折りのリゾート地。青い空と、それに負けない真っ青な海。なんてったって本物のカリブ海ですからね~。(*^^*)一人旅の私には、到底リゾートは無縁なものと はなから下調べをしなかったのですが、これは十分に計画を練って、カンクン滞在の無限の楽しみ方を知っておくべきだったと、ものすご~く後悔しております。チチェン・イツァ遺跡観光の通過点としてだけでは、あまりにも魅力満載すぎる場...

私、大のチチェン・イツァ 好きなんです♪^^

「すんごくチチェン・イツァ 好きな方かと思ってました。」メキシコにおける12月31日のこと、参加した現地ツアー(Watersports@Cancunさん)スタッフの岡さんにそう言われました。というのも、カンクンを基点に日帰りでチチェン・イツァを観光する方が多い中、私はすでに前夜から遺跡に隣接するホテルに滞在し、その他の観光を終えた後も 再びチチェン・イツァに戻るという、ちょっと変わったプランの立て方だったからです。その時...

No image

チチェン・イツァーの夜。

今、ホテルのプールサイドで、メキシコビールの『Sol』を飲みながら、一日を振り返っています。暑さのせいか、ビールのせいか、身体が少し熱っぽく感じます。 どうしよう。 帰りたくないくらい メキシコを好きになってしまいました。どうしよう。止められないくらい、メキシコが好き!煙い砂埃も、ライトアップしたピラミッドと呼応するかのように瞬く夜空の星も、コメントが難しい奥の深いキシコ料理も(笑)、360度 見渡す限りに広...

No image

密林より新年のご挨拶を!

*カンクン着陸寸前の飛行機から見下したジャングル。 それこそ憂鬱で重たい現実のような、一面を覆い隠す分厚い雲が薄れてくると見えてくる! メキシコ湾だ!!! 煩わしいものは この際全て、USAへの置き土産とでもしよう。飛行機の窓の向こうは真夏の太陽が眩しくて、照らされた右頬は早くも日焼けしそうな勢いがある。 窓際に置いたコーラーは、ぼぉ~っとしている間に温まってしまった。その時 首筋に冷たい風を感じて、機内...