Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2011年07月

No image

N島氏。

最初に N島氏と出会ったのは、たぶん祖母が亡くなってすぐのことだったと思う。 「ソノさん(祖母の名)、こんなに小そうなって...。」 仏壇の前に置かれた遺骨を見ながら しみじみと呟き、彼は丁寧に手を合わせてくれた。 私の町に老人向けのデイサービスセンターができたのが平成6年のこと。その立ち上げから相談員として走り回り、沢山のお年寄りとそのご家族の支えになったのが まだ若き(笑)N島氏で、その当初にお世話になったの...

No image

近況など。

先日、「第一種衛生管理者」の学科試験受験票が送られてきました。受験票なんて大学入試以来 手にしたことがなかったので、なんだか自分が若返ったようで嬉しいです。(笑)香川会場での試験日は8月6日。残る2週間は、過去問を解くこと、数多い有害物質の種類や関係法令などを整理すること、そして、得点源となる労働生理(体のしくみ)を完璧にすることに集中しようと思います。* * * * * * *近頃、夕陽が沈む前のわずかな時間、...

第83番 一宮寺(いちのみやじ)

'11.07.09参詣  香川県高松市この場所なら、グレゴリー・ペックはどう演じただろう?たとえ真面目にお遍路さんをするとしても、その合間に面白いものを探そうという気持ちに変わりはありません。(笑)私は、映画『ローマの休日』で有名な「真実の口」のあの名場面を思い出しながら、少しばかり首をひねりました。というのも、高松市の『一宮寺』には、「真実の口」ならぬ「地獄の釜」というものがあり、ここにも似たような言い...

再び、お遍路さん。

チリ~ン。チリ~ン。お遍路さんの持つ金剛杖に付けられた鈴の音が境内に響きます。その音に、私は汗ばむ暑さを忘れました。そして、この音を思い出すだけで、今も柔らかい線香の香りを感じられるのです。瞼には実際に目にしていない、想像の、けれど懐かしい景色が浮かび上がってきました。それは子供の頃に出会った絵本。確か、小学1年生の夏休みに、読書感想文を書くために読んだ絵本だったと思います。絵本の季節も夏で、開い...

10年ぶりのジャージャー麺?!

ジャージャー麺が食べたい!そう七夕の短冊に書きたいと思うほど(笑)、突然、無性にジャージャー麺が食べたくなりました。そんな時に限って、見てしまった韓国ドラマ。そして、そんな時に限って、主人公が美味しそうに頬張るジャージャー麺。最近の私は、口を開けば「ジャージャー麺を食べられるお店 知らない?」それくらいジャージャー麺に飢えていました。そんな私に対し、「父さんとよく行くお店で、タイムランチのメニュー...