Welcome to my blog

I love Salzburg

ARCHIVE PAGE: 2011年12月

No image

今年最後の使命を果たす!(笑)

クロアチアの玄関口、ザグレブ空港のカフェで寛いでいます。 意外と美味しいエスプレッソ。 ザグレブ空港に来られる方へお勧めです。(*^^*) この美味しさは、この旅の一大使命を終えたからかもしれませんが。(笑) * クリスマス明けの月曜日のこと。 それは、職場の仲良し I石さんの、「うちの Y郎ったら、小学4年生にもなるのに、今でもサンタクロースを信じてるんだよ。」この台詞から始まりました。 I石さんの次男坊の Y郎くんは...

No image

難関は東京駅?!

一番の不安はなんといっても東京駅!昨晩、寝台特急サンライズ瀬戸号に乗って、四国から東京まで出てきました。で、問題がその東京駅での乗り換えです☆これが、今回の旅行の最大の関門でした。(爆)とにかく広~い東京駅で、田舎者の私は果たして目的地まで辿り着くことができるのでしょうか?心配症の私は、乗り換えに一時間近く時間の余裕を取りました。ところが!あれよ あれよと迷うことなく順調に、たった10分で成田エクスプレス乗り場へ到着。ほっ...

2012年は素晴らしい年に☆

今年は日本も世界もあまりに辛いニュースばかりが続きました。想像を絶する映像に、何度言葉を失ったことか。そして、多くの方達が苦しみ悲しんでいる中、当たり前の日常を送ることができている奇跡に深く感謝致します。今年も皆様からの温かいお言葉、お心遣いに支えられ、無事来年を迎えられそうです。いつも変わらぬご厚情を賜りまして、まことにありがとうございます。どうぞこれからも末永く宜しくお願い申し上げます。迎える...

No image

The Prayer...

お友達からクリスマスプレゼントが届きました♪「私もつい数週間前に知ったばかりなんだけど、たぶんpicchuちゃんが好きだろうと思って。^^」お礼の電話に、そう答える彼女。彼女が送ってくれたのは、11歳の天才歌姫 Jackie Evancho(ジャッキー・エヴァンコ)のアルバムでした。ジャケットにはまるで天使のような少女の姿と、私好みの曲名がずらり。ホント、どうしてこんなにも私の好みずばりが分かったんだろうって、思わず飛び上...

No image

いつまで続くのでしょうか?

ロイター通信。【ニュージーランドのクライストチャーチ近郊で23日、マグニチュード(M)5.8の地震があった。警察は人的被害の報告はないとしたが、負傷者1人が病院に搬送されたとの報道もある。同国当局によると、震源地は同市北東20キロ、震源の深さは8キロ。最初の地震発生後、M5.3を含む強い余震が続いた。津波警報は発令されていない。住民の1人は地元ラジオ局に対し、「とても激しかった。棚に置いてあった食べ物が床に落...

No image

なぜギリシャ危機で欧州全体が揺れている?ーユーロ経済の基礎知識(日本経済新聞)

<「一つのヨーロッパ」を目指す歴史的な大実験(1)>「ユーロ」は、1999年に欧州諸国で導入された単一通貨の名称です。50もの国がひしめく欧州では民族や国同士の争いが絶えず、20世紀前半には2度の世界大戦を引き起こし、多くの犠牲者を出しました。戦後はこの反省から、欧州では「一つのヨーロッパを作る(欧州統合)」という機運が生まれました。これを受け、52年にドイツ(当時は西ドイツ)、フランスなどの6ヶ国により軍需...

No image

続けて3回言ってみよう!(笑)

ドゥブロヴニク、ドゥブロヴニク、ドゥブロヴニク・・・さぁ、早口で続けて3回言ってみましょう!私は3回目で必ず、ドゥブドゥブドゥぶぅ~ってなってしまいます。(笑)「ドゥブロヴニク」という地名は、最近でこそ頻繁に旅番組で紹介されるようになりましたが、数年前まで私はその街の存在すら知りませんでした。クロアチアという国そのものに関心が薄かったから。クロアチアといえば、旧ユーゴスラビア。歴史が複雑な上に、冷戦...

また逢えますように。

ハルシュタット滞在は僅か3時間。食事をして、ぶらり街を散策して、2つの教会をゆっくり見て回り、、、カトリックの多いオーストリアにしては珍しく、ハルシュタットにはカトリックとプロテスタントの教会がすぐ近くにあります。尖塔を持つ方がプロテスタントの教会です。そして、三角形のマルクト広場でちょっとだけお買い物。^^たったそれだけの時間なのに、すごく愛おしく感じるのは、ハルシュタットの魔法かな?(笑)お馴染み...

ハルシュタットで食べた魚料理は最高でした♪

ハルシュタットの鉄道駅と街との間には、深い翠の澄んだ湖が広がっています。この日は低く雲がたなびき、いつになく神秘的な面持ちで私達を出迎えてくれました。観光客は列車から降りると その足で船着き場へと向かい、列車の到着時刻に合わせて待っている船へと乗り込みます。ハルシュタットの写真には必ず登場するといってもいいほど象徴的存在の尖塔を持つ教会が、対岸に小さく姿を現わしました。それは、誰しもが「あ~、ハル...

世界・夢列車に乗って♪

月曜日の夜8時から BS-TBS で放送される番組 『世界・夢列車に乗って』を、母も私も結構楽しみに見ています。母にとって初めてとなった欧州・ザルツブルクの旅からちょうど一ヶ月経った11月中旬のこと、偶然にも、「森と湖の郷 オーストリア列車紀行」が放送されていました。~ 澄んだ空気と緑豊かな森、目の前に次々と現れる湖。オーストリアアルプスの麓を列車に乗って旅をする。 出発地はザルツブルク。 モーツァルトの音楽の...

宮殿での夜。

「今晩、ミラベル宮殿のコンサートへ行きたいんだけど、チケットの手配をお願いできるかしら?」午後6時を少し回った頃、一旦ホテルに戻った私達は、レセプションのお兄さんに尋ねてみました。宮殿の広間入口でも直前に購入できるのですが、観客が大勢になると良い席が取れなくなるのです。大きく目を見開いて、お兄さんはポンっと胸を叩きながら、「もちろん! 僕に任せておいてよ!」と。(笑)お兄さんが取ってくれた席は、会...