トンネルを抜けると、、、。

県境の長いトンネルを抜けると常春であった。。。(笑)3日ほど前、一足先に高知の桜が満開だとのニュースを聞き、急に思い立って高知へ出掛けて参りました。高知市内は混雑しそうな予感がしたので、その手前にある南国市の土佐国分寺へ!まさに南国です。私の家からおよそ90km、車で1時間15分ほどの距離です。ですが、四国山地の長いトンネルを抜けるだけで陽射しさえも全く違ってしまうのですから、不思議。山々に咲く桜は、すで...

スタリ・モスト

橋を守る人を意味するモスタルという街は、その名の通り橋とともに歴史を歩んできました。ネレトヴァ川に架かる長さ約30メートル、高さ約20メートルのアーチ形の石橋『スタリ・モスト』は、橋脚を持たない頑丈な一本橋。それは、セメントを一切使わず、組み合わせた石を鉄の鉤で補強して造られたオスマン建築の傑作です。もともとモスタルは、15世紀~19世紀にかけてこの地を支配したオスマン帝国と、その後のオーストリア・ハンガ...

モスクでのひとこま。

う…。ここを降りるのか、、、。あ~、どうか誰も登ってきませんように。(><)というのも、先ほど登っている最中に男女二人が降りて来て、私は壁に張り付くように、相手は柱にしがみつくように、お互い命がけですれ違ったのでした。(苦笑)相手の女の子は「怖い、助けて~」って動けなくなるほど怯えていたし、、、。確かに足が竦むよね、ここ。あ~、どうか何事もなく日本へ帰れますように。今回の旅、危険なことは一切なかっ...

モスタルの風景。

第二次世界大戦で大きな被害を受け、後に修復されて今に至る カラジョズ・ベグのモスクは、1557年にオスマン朝の宮廷建築家(トルコ人)によって設計され、ドゥブロヴニクの石工たちによって建造された、ヘルツェゴビナ地方で最も重要なモスクなのだとか。それは、モスタルの目抜き通りであるチトー通りに面して建っていました。「ここは中を見学できるはずだから・・・。」マルッシオは先ほど訪ねた このモスクへ、再び私を案内する...

不思議な縁と不思議な一日。

「昨日、僕と別れた後、君はどうしたのさ?」「スルジ山へ登って~、、、(汗)」「そんなことは知ってるよ。で、その後、どうして大聖堂に来なかったのさ!」あうぅ~、あなたの話をちゃんと聞いていませんでした、、、                        な~んて、言えるわけないじゃない!!!(><)「ええっと~、え~と」 必死で答えを探す私。(笑)「え~と、ものすごく疲れちゃって、早くホテルに戻って...

picchuko、ボスニア・ヘルツェゴビナで腰抜かす☆

こちらは、先ほど(AM 4:05)twitterでのカルロスの言葉です。(*^^*)【 Thank you very much Japan it has been absolutely amazing you are all in our heart we love you  xx  many kisses  Carlos 】IL DIVO の殿方へまた日本へ来て下さいね♪ 素敵な思い出をありがとう。(*Ü*)*愛するIL DIVO のおかげで、この一週間は興奮したり切なくなったりと、気分的に浮き沈みの激しい毎日でした。そろそろ現実に戻って旅行記の続...

FURUSATO ・・・

セバスチャンのこの言葉が、今回の来日公演の意味を最も表しているように思います。「今から1年前に日本で悲しい出来事がありました。僕たち4人にとって日本は大切な国なので、まるで自分たちの身に起きたように悲しみを感じました。しかし、驚いたのは日本の皆さんの強い精神力です。大変な状況でも前に向かって進んでいくことを僕たちは日本の方から多くのことを学びました。」コンサートも中盤を過ぎ、声のトーンを抑えて語り始...

神さまからもらった奇跡の一分☆

3月8日、ブログのお友達・nanaco☆さんとこんなコメント交換をしていました。^^picchuko   : 私は明後日、IL DIVOのライヴに広島へ行ってきま~す♪ウルスに伝言ないですか?(爆)nanaco☆さん : えぇぇっっ!!IL DIVOのライヴですか!! うわぁ、めちゃめちゃ羨ましいです~~~(≧∇≦)         えっと、えっと……じゃあウルスに「いつか自分の子供が生まれたらウルスと名付けます」と(笑)         ウルス…雨流洲...

思い出は消えない。

ロイター通信。【クライストチャーチ大聖堂が取り壊しへ、NZ地震で被害大きく】昨年2月にニュージーランドのクライストチャーチを襲った地震により被害を受けた大聖堂が取り壊されることが決まり、その131年の歴史に幕を閉じることとなった。同大聖堂が2日、発表した。同市中心部にあり、観光名所にもなっていたクライストチャーチ大聖堂は、死者185人を出したマグニチュード(M)6.3の地震で一部倒壊するなど、大きな被害を受...

もう少し、ドゥブロヴニク。

この日、モンテネグロのコトルへ行こうと決めていたものの、もう少しだけドゥブロヴニク旧市街の教会を巡ることにしました。遠出しようか、それとも もう一日 この街で過ごすか、まだはっきりとは決めかねていたのです。ドゥブルヴニクの旧市街は、周囲2キロの箱庭ほどの小さな街です。ですが、そこを歩けば至る所に見どころがあり、教会好きな私にはとりわけ嬉しくなるような建物が狭い範囲に集まっています。例えば、     ...