続、四国遍路。

珍しい5月台風の影響で風が強まる中、お寺詣りに出掛けてきた。四国霊場第67番札所「大興寺」と、第68番「神恵院」、第69番「観音寺」の三ヶ寺へ。ちょっと恥ずかしい話。せっかく四国で暮らしているのだからと2009年2月から始めたお遍路さんだが、八十八箇所どころか(バラバラで)三十六箇所を巡った後はずっとほったらかしにしていた。お詣りに行ってもわざわざ納経所まで足を運ぶこともせず、という札所もいくつかあった。当初...

藤を見に、丹波の国へ。

私が人生の師と仰ぐ方が大の寂聴さん好きで、その影響か私も瀬戸内寂聴訳「源氏物語」を読んでいる。色恋沙汰も面白いが、嫉妬や嫌がらせなどの人間臭いところが千年前も今も全く変わってないのが興味深い。ストーリーは大和和紀さんの漫画「あさきゆめみし」を子供のころより何度も何度も繰り返し読んで頭に入っているのだが、文章として読むとまた違った新鮮さがあることに気が付いた。美しい日本語と和歌の数々。遠い時代の人々...

懐かしい切手。

私は決して切手収集家じゃないんだけど、外国では綺麗だなと思う切手を手にすることがたまにある。先日の英国プリンセス誕生のニュースに、そういえば・・・とごそごそ切手アルバムを引き出してみた。2001年にクックアイランド(当時はNZ領)で買った切手の中に一枚、1982年の古い切手が混じっていた。それは、その年のクリスマスにウイリアム王子誕生を記念して発行されたもの。チャールズ皇太子は描かれていないけど、若いダイア...

大塚国際美術館へ行って来た。

これで二度目。徳島県の鳴門の渦潮のすぐ近くに、陶板で作られた原寸大の世界中の名画を一堂に会した美術館がある。「ボンカレー」で有名な大塚グループによって平成10年に開館された大塚国際美術館で、そこには地下3Fから2Fまで1000点以上もの作品が展示されている。車を1時間半飛ばし、その大塚美術館へ行って来た。前回は2010年、5年ぶりの訪館だった。美術館の駐車場には四国外からの車でいっぱい、館内でも遠方からの来館者で...