大洲の臥龍山荘。

この頃、よく愛媛へと足を延ばす。波長が合うのだろうか。今手に取ってる本までも、松山が舞台の「坊っちゃん」である。それは、二宮くん主演の新春ドラマが思いの外面白くて、それに感化されたわけだけれど、しかし、まぁ夏目漱石という人物は松山と松山の人々のことをああも貶して書けたものだ。(笑)しかも松山は、それを逆手にとって町の個性にしちゃうあたり、やはり私は愛媛が好きだ。年が明けて10日あまり、すでに二度も訪...

海を見ていた午後。

気ままな午後。本屋帰りに、ふらり東山魁夷せとうち美術館。現在開催中のテーマは、「唐招提寺の障壁画」と「鑑真和上の捧げる風景」。東山魁夷の鑑真和上に対する思いが、壮大な構想や綿密なスケッチからも溢れていて、ちょっぴり感動してしまった。東山画伯の作品は、静けさの奥から聞こえる潮騒だったり、しっとりとした雨露だったり、肌にまとう霧雨だったり。耳を澄まして、心を落ち着かせ、微かに漂う匂いが嗅ぎ、それらが自...

平成28年 元旦

新年あけましておめでとうございます今年の年賀状は、乗鞍岳からの初日の出を拝むお猿さん。(笑)猿は色紙を切り抜いて、ちょっとだけですがひと手間かけました。年賀状に、そして讃岐人なら「年明けうどん」といきたいところですが、お節料理にお雑煮を戴く静かな元旦を迎えております。ご先祖様にも少しだけお正月気分をとお供えしました。御膳が二つあるのは、お仏壇が父方、母方と二つあるからです。讃岐のお雑煮は、白みそに...