滝宮→京都→大宰府の順で。

梅の香りに誘われて、天満宮を訪れた。香川県綾川町、滝宮天満宮。こちらは、菅原道真公が讃岐の国司として四年間住まわれた場所。道真が地方で政権を取った唯一の地なんだとか。此処での経験を活かして後に大出世した由縁で、ここは立身出世の登竜門と云われている。滝宮→京都→大宰府の順で参拝するといいのだそう。拝殿前には太宰府天満宮より株分けされた「飛び梅」がちょうど満開を迎えていた。白梅のかぐわしい香り。春には桜...

夜のこんぴらさんで「金毘羅船々」を唄う。

「節分の夜、こんぴらさんで小豆粥の接待があるよ。」そう教えてもらった私は、次の日が仕事だったにもかかわらず、夜のこんぴらさんへ登ることにした。こんぴらさんとはお馴染み、香川県琴平町にある金刀比羅宮のこと。わが家からは20分ほど車を走らせた処にある。地元の方の話では、そのこんぴらさんで年に三回、旧正月の前日と節分の夜、そして大晦日に小豆粥が振る舞われるとのことだ。節分と言えば豆まきや恵方巻、小豆粥とい...