I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居!

今日は朝から気温が上昇し、庭先を箒で掃いているだけで汗ばんできた。

本日、4月16日は私が初めてこんぴら歌舞伎大芝居を観に行く日である。
気持ちいいくらい青空が冴えて、初夏を思わせる陽気に一層心が弾む。

偶然チケットが手に入ったから行くのよと、昨日までは少し冷めたように周囲に話していた私はどこへやら。
とても楽しみにしていた様子が外からもバレバレな今朝の私だった。


2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居4

こんぴーくんとでんちゅうくん


ご存知、四国こんぴら歌舞伎大芝居は金毘羅さんの麓、金丸座と呼ばれる日本最古の芝居小屋で毎年4月に開催される。
今年は8日から23日までの16日間、片岡仁左衛門さんを筆頭に、襲名されたばかりの五代目中村雀右衛門さん、片岡孝太郎さん、尾上松緑さんという贅沢な顔ぶれが揃っている。

私の席は桝席「へ-1」。
花道脇の最前列だ。
本当に見事なまでの前列で、黒子はもちろん舞台の隠し棚までよく見えた。
役者さんのおしろいの匂い、火薬の匂いやらも直に届き、囃子や太鼓の音は真横から。
そして花道に立つ役者さん達はほぼ真上、首が痛いのを除けば臨場感溢れるいい席だった。
仁左衛門さんの軽やかな立ち回りとは裏腹な噴き出した汗もよく見えた。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居5


演目は3つ。
第一幕は孝太郎さんが娘お舟を演じる「神霊矢口渡」、
第二幕が雀右衛門さん登場の「忍夜恋曲者」、
第三幕は江戸っ子演じる仁左衛門さんの舞踊が見られる「お祭り」だった。

それぞれに魂が吸い込まれそうなほど見入っていた私だったが、なにせ歌舞伎観劇そのものが初めてということで、初っ端の孝太郎さんから参ってしまった。
一挙手一投足、微妙な目の表現、拗ねた顔にやけた顔。
思わず吹き出す場面も胸に迫る場面も、どれもこれも鮮明に覚えている。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居3

「神霊矢口渡」という話は、鎌倉幕府滅亡から南北朝時代を描いた軍記物語「太平記」にある新田義興の最期を素材にした浄瑠璃の一場面で、讃岐ゆかりの平賀源内が書いたものらしい。
といっても歌舞伎の話、軸となるのは恋話。
孝太郎さん扮する渡し守の娘お舟が義興の弟の義峯に一目ぼれするところから話は動き出し、義峯の身代わりに切られて虫の息になりながらも必死で彼を守ろうとする姿は目を逸らすことができないほど素晴らしかった。
衣装の美しさにさえ目がいかないほど孝太郎さんに釘付けだったんだなと、幕が引かれて初めて気がついた。

こんなふうに十分堪能したこんぴら歌舞伎。
狭い桝席で隣り合った者同士、芝居小屋らしく観劇の合間に和気あいあい仲良くなったのも楽しかった。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居6

なかなか手に入らないこんぴら歌舞伎のチケットではあるが、当日券が余っていることもあるという。
こんぴらさんまで車で15分、きっと来年も足を運ぶ自分がいそうな、そんな気がする。

2017-04-16こんぴら歌舞伎大芝居


スポンサーサイト

明日香の地を訪ねて。

今年は桜の開花予想が立てにくく、まずは第一弾で訪ねた土佐国分寺は全くの空振りだった。
もちろん地元にも桜の名所は山ほどあるが、この時期だからこそ花見を兼ねての遠出がしたい。
高知くらいの距離ならば外れを引いても諦めはつくが、片道200km以上もの距離を走るのであればできるだけ最高の状態でと思ってしまう。
一昨年と去年に行った彦根城が大当りだっただけに余計に期待もしてしまう。

だが、桜の開花状況に天気と休み、この3つをクリアするには雨の多いこの時期特に難しい。

その中で選んだのが、4月10日(月)、奈良県は明日香村。
近くには藤原京跡もある日本の古都だ。

同じ古都なら京都でもいいのだが、「歳がいくとあの人混みはどうにもこうにも我慢ならない」と田舎者の母が言う。

もともと私も奈良好きで、大学時代は一週間ほど滞在してあちこち巡ったこともある。
当時、明日香村もレンタサイクルでユニークな巨石や古代浪漫を探してまわった。

石舞台1

その明日香村にある石舞台古墳。
築造は7世紀初めとされ、蘇我馬子の墓という説が有力だ。
城と桜、神社仏閣と桜、瀬戸の島々と桜、桜には色んな景色が似合うのだが古墳と桜という組み合わせも私には新鮮で面白かった。
その日はあいにく薄曇りであったが、なかなかの趣きだ。

石舞台古墳

石舞台17

石舞台21

近くには聖徳太子の生誕地とされる橘寺や日本最古の仏像を祀った飛鳥寺もある。
何度訪れても心癒される場所。

橘寺の桜

橘寺・二面石

飛鳥寺

飛鳥大仏

飛鳥大仏を拝んだのはこれで三度目だったのだが、初めてその美しさに見惚れてしまった。
内から滲み出る慈悲のようなものが感じられたのだ。
桜も良かったが、最も心に刻まれたのが飛鳥大仏だったような気がする。

帰りには足を延ばして斑鳩の里にも。
お目当ては法隆寺ではなく中宮寺の本尊菩薩半跏像(如意輪観世音菩薩)。

遠い遠い昔の人たちも向き合った仏様に、しばし包まれた時間だった。

石舞台16

雨滲むこんぴらさん。

お練りも三度目となると、場所取りもなかなか巧くなる。

片岡仁左衛門

金丸座にて明日から始まる、琴平は春の風物詩「こんぴら歌舞伎大芝居」。
今日は14時からお練りが行われた。

こんぴらさん高灯籠

今年の座長は片岡仁左衛門さんということもあり、金刀比羅宮の沿道は多くの人でごった返す。

普段からこんぴらさんへと続くこの界隈は独特の趣きがあるのだが、歌舞伎役者の幟が立ち並ぶこの季節、とりわけ情緒あふれる景色となる。
特に桜の開花が遅れた今年は、こんぴら歌舞伎と桜の見ごろがちょうど重なり、より一層雰囲気を盛り上げる。

お練りはそれらを肌で感じられる上に、役者さん達を間近で見られる最高の機会。
ましてや人間国宝の仁左衛門さん。
これまで歌舞伎を見たことのない私でさえ、つい足を運びたくなる。

その仁左衛門さんが現れた瞬間「お年を召されたな」と思ったが、柔らかく優しいお顔がなんとも心に残って私までもがほんわかした気持ちになった。

今回の演目は、仁左衛門さんの得意とする「矢口渡」と「お祭り」。
どんな舞台が日本最古の芝居小屋で繰り広げられるのか、実は初めてチケットを入手できた私は今からわくわく楽しみにしている。
お練りで見せた表情と舞台に立つ姿と、両方見られるなんて贅沢な話だ。


こんぴらさん


せっかくだから桜を観て帰ろう。
お練りの余韻に浸りながら、本宮へと続く参道を登って行く。

桜咲くこんぴらさん、雨に滲むこんぴらさん、しっとりとしたいい感じだった。

桜はやはり日本の景色に合うのだなあ。
優しい雨に濡れる桜も綺麗だなあ。

心までがしっとりと、桜の下、雨滲むこんぴらさんはまるで仁左衛門さんの柔らかいお顔のような雰囲気。


こんぴらさん3

こんぴらさん2

こんぴらさん4







該当の記事は見つかりませんでした。