第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居!

今日は朝から気温が上昇し、庭先を箒で掃いているだけで汗ばんできた。本日、4月16日は私が初めてこんぴら歌舞伎大芝居を観に行く日である。気持ちいいくらい青空が冴えて、初夏を思わせる陽気に一層心が弾む。偶然チケットが手に入ったから行くのよと、昨日までは少し冷めたように周囲に話していた私はどこへやら。とても楽しみにしていた様子が外からもバレバレな今朝の私だった。ご存知、四国こんぴら歌舞伎大芝居は金毘羅さん...

明日香の地を訪ねて。

今年は桜の開花予想が立てにくく、まずは第一弾で訪ねた土佐国分寺は全くの空振りだった。もちろん地元にも桜の名所は山ほどあるが、この時期だからこそ花見を兼ねての遠出がしたい。高知くらいの距離ならば外れを引いても諦めはつくが、片道200km以上もの距離を走るのであればできるだけ最高の状態でと思ってしまう。一昨年と去年に行った彦根城が大当りだっただけに余計に期待もしてしまう。だが、桜の開花状況に天気と休み、こ...

雨滲むこんぴらさん。

お練りも三度目となると、場所取りもなかなか巧くなる。金丸座にて明日から始まる、琴平は春の風物詩「こんぴら歌舞伎大芝居」。今日は14時からお練りが行われた。今年の座長は片岡仁左衛門さんということもあり、金刀比羅宮の沿道は多くの人でごった返す。普段からこんぴらさんへと続くこの界隈は独特の趣きがあるのだが、歌舞伎役者の幟が立ち並ぶこの季節、とりわけ情緒あふれる景色となる。特に桜の開花が遅れた今年は、こんぴ...