I love Salzburg

ARTICLE PAGE

in 九州地方

緒方高千穂線。

-- COMMENT
九州の旅はこれで六度目。
ちょっと中途半端な数字だけど。(笑)

中学時代、修学旅行で訪れたのが初めてのことで、その時は新幹線が博多駅に着いた時、友達と「はじめの第一歩!」なんて言って飛び降りたのを覚えている。

当時、国語の教科書に草千里の写真が載っていて、のびのびとした阿蘇の風景に胸膨らませたものだ。
実際は阿蘇山の中岳をウォークラリーで登山させられ、ゴールの草千里ではみんな疲れ切った顔で写っている。


だが、その阿蘇の雄大な景色は私の大のお気に入りとなった。

なぜか三十年近くも経って、母にも見せてあげたいと急に思い立った。


それは、十月半ばのこと。
愛媛は八幡浜港から大分県臼杵市へと渡った。

一日目の行き先は、宮崎県高千穂町。
臼杵石仏をするっと観光して、大分県の豊後大野市と高千穂町を結ぶ緒方高千穂線へと入る。


これが結構な山道で、くねくねしたカーブがいくつもいくつも続いており、一向に先が開けない。

まあ、四国遍路で険しい山道の運転には慣れていたので、あれに比べたらまずまずの道幅だし、勾配も急じゃないので運転そのものは苦ではなかったが、ほとんど対向車の来ない知らない山道が延々と続くと、いくら昼間でも不安になる。

それでも、紅葉が始まったばかりの祖母山の頂に癒されつつカーブを縫った。

2015-10-20 07.緒方高千穂線


このまま峠を越えると思いきや、いきなり電灯もない真っ暗で不気味なトンネルが待ち構えていた。

でこぼこしたトンネルの壁面が意外と怖い。
もしも独りぼっちだったら、小心者の私はきっと泣き出していたと思う。

いつまでこの道続くんだろ。



そんな時、一気に前方が明るくなり、一面見渡す限りのススキ野原が現れた。

2015-10-20 08.緒方高千穂線


「うわーーーー!!!」
思わず叫んでしまった。

私は車を脇に停め、転がるように山の斜面を走って降りた。

「後ろに乗ってるクリスもウルスもびっくりしてたよ」、と母。
どうやら、愛犬たちもあきれるほどの勢いで、ススキ目指して駆け下りたらしい。


2015-10-20 09.緒方高千穂線


2015-10-20 10.緒方高千穂線


棚田に輝く稲穂も美しかった。

いい季節に九州へ来た。


2015-10-20 11.緒方高千穂線



スポンサーサイト
  • Share