I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

梅雨の晴れ間に。

今年はずっと迷っていた。


例年、紫陽花を見るのは「山陰のあじさい寺」と呼ばれる松江市の月照寺であったが、

松江藩主松平家の菩提寺であるその寺も年々寂れてゆき、紫陽花の手入れも行き届かなくなった昨年の様が心にブレーキを掛けていた。


兵庫県西脇市の西林寺が良さそうだ。

いやいや、京都は大原三千院も美しいらしい。


紫陽花が見頃を迎えた今の今まで迷っていた。


そして昨晩まで、いや今朝出発する直前まで京都行きを計画していたのだが、なんとなく遠出するのが億劫になり、

なんとなく紫陽花熱が冷めてきたこともあって、半日もあれば行って帰れる岡山は真庭市の普門寺へ急きょ向かうことにした。



花の山寺とも呼ばれるその寺は、霧深い山中にひっそりとある。

寺に近づくにつれ、道端に紫陽花が増えていく。


このお寺、紫陽花の数は3000株と、各地にある有名なあじさい寺と比べると少ないかもしれない。

しかし、そのひとつひとつがこれまで目にした紫陽花のどの名所よりも大きく、傷みも少なく、綺麗。


2016-06-26 6.普門寺

2016-06-26 4.普門寺

2016-06-26 5.普門寺

2016-06-26 7.普門寺

2016-06-26 9.普門寺

2016-06-26 11.普門寺

2016-06-26 12.普門寺

2016-06-26 14.普門寺

2016-06-26 1.普門寺


そして朝露に包まれた紫陽花と、競って鳴く鶯の声がまだひんやりとした早朝の空気によく似合っていた。




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。