I love Salzburg

ARTICLE PAGE

in 九州地方

九州、こぼれ話をふたつ。

-- COMMENT
その1  湯布院の動物病院にて。

「この子の名前はなんていうの?」と先生。

湯布院ガーデンホテルにてウルス

「ウルスです。」
「ウルフくん?」「いえ、ウルスです。」

「もし、また倒れることがあったらその時、まずウルフくんの脈をみること。心臓は空打ちをしてる可能性もあるので、足の付け根で確認できるよう練習しておいてください。」
「そして、その時のウルフくんの状態を動画で撮っておいてください。そうすると、病院に運ばれてからの対処に役立ちますから。」
「再びこういうことがあれば先天性の可能性もあります。5歳までなら先天性、それ以降は後天性で、後天性の場合は脳腫瘍などが考えられるのですが、ウルフくんはまだ3歳でしたよね。」

延々と「ウルフくん」を繰り返す先生でした。
ウルスはドイツ語の語源で「くま」なんだそうですが、九州で「おおかみ」くんデビューです。笑



その2  湯布院で迎えた朝。

ホテルでの就寝前。
「6時に目覚ましかけとくからね」と、私は母に伝えました。

そして次の日の朝。

ピピピ ピピピ ピピピ

スマホが6時を知らせます。
「クリスとウルスを外でトイレさせなくちゃ」、私は目覚ましを止め起き上がりました。

その横で、「地震、地震」と慌てる母。

「地震?」
「今から地震が来るよ!」

どうやら母は私のスマホの目覚ましを、緊急時の合図と勘違いしたようです。

「だって九州だし。この前の鳥取の地震でも同じように鳴ったから。」



金麟湖3
湯布院・金麟湖



スポンサーサイト
  • Share