I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

滝宮→京都→大宰府の順で。

梅の香りに誘われて、天満宮を訪れた。

香川県綾川町、滝宮天満宮。

滝宮天満宮・梅4

こちらは、菅原道真公が讃岐の国司として四年間住まわれた場所。

道真が地方で政権を取った唯一の地なんだとか。
此処での経験を活かして後に大出世した由縁で、ここは立身出世の登竜門と云われている。

滝宮→京都→大宰府の順で参拝するといいのだそう。

滝宮天満宮・飛び梅

飛び梅

拝殿前には太宰府天満宮より株分けされた「飛び梅」がちょうど満開を迎えていた。

白梅のかぐわしい香り。
春には桜もいいが、この香りを嗅ぐと背筋がすっと気高い気分になる。

滝宮天満宮・梅

滝宮天満宮・梅2

滝宮天満宮・梅3

毎年、この時節には栗林公園の梅林を訪ねるのだが、今日はこちらに足が向いた。

不思議だ。
天満宮の梅と思うだけで、一段と凛々しく趣きが違って見える。

出世に興味はないけれど、ここ滝宮を参拝した今年はせっかくなので機会があれば京都と大宰府にもと思っている。

滝宮天満宮・梅5

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。