I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

一人いにしえの旅。(1)

ちょうど一週間前、何気なくテレビを付けるとNHKの歴史秘話ヒストリアで高松塚古墳の壁画について取り上げられていた。

高松塚古墳といえば今から45年前、飛鳥美人で有名な鮮やかな色彩の壁画が見つかり、考古学史上まれにみる大発見と騒がれた史跡。
それは遠い記憶の歴史教科書に数多く並ぶ写真の中でもひときわ印象に残っていた。

その高松塚古墳の壁画修理作業室が公開されることを、番組最後に知らされる。
これで17回目、これまでだって公開されることを知らないわけではなかったが公開時期に間に合ったのは初めてのこと。
私は早速文化庁のホームページを開いてみた。
しかし期間中の応募定員はすべて満員、この番組で応募した人も多いだろうが、その競争に負けてしまった。

けれど未練がましく探していると、「キトラ古墳」の文字が目に入る。
キトラ古墳も一時期話題になった考古学ファン憧れの場所。
その石室内からも壁画が発見されており、今のところ壁画の残る古墳は国内ではキトラと高松塚しか見つかっていない。
そして、そこでも壁画公開が行われているという情報を目にすることができたのだった。



5月16日、私は先月も訪れた奈良は明日香村へと車を飛ばす。
応募したキトラ古墳の壁画見学の参加証が届いたのだ。
急きょ決まったことで、前もっての知識は全くないが気にしない。

それは訪れて知ったこと、キトラも高松塚に勝るとも劣らない壁画が存在したということだ。
高松塚と同じ、四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)が描かれており、その姿もほとんど同時期のものゆえかよく似ている。
残念なことは、どちらの古墳も鎌倉時代に盗掘を受け南壁に盗掘孔があけられており、そのせいで高松塚の朱雀は残っていないのだが奇跡的にキトラのものは助かった。

そして高松塚においては石棺を囲むようにある女性群像などの代わりにキトラには十二支が描かれ、頭上には現存する世界最古の科学的な天文図が広がっている。
ちなみに高松塚の天文図は略式のものだ。


今回はその中の青龍と十二支の寅のみの公開であったが、内心鳥肌が立つほどの興奮であった。
有名な高松塚が見れないのは惜しいけれど、実はキトラの方が凄いんじゃないか、、、そう思いながら目の前の壁画に見入っていた。

壁画は現在、そのままにしておけばやがて崩れてしまう極端なもろさであるために石室内より取り外されている。


キトラ古墳壁画パンフレット(1)

キトラ古墳壁画パンフレット(2)



「私は高市だと思う。」
急に声がして振り向くと、隣りに立つ年配の女性が私に向かってそう呟いた。

この古墳の埋葬者が誰なのか断定はできないが、様々な説の中から天武天皇の第一皇子で太政大臣にまでなった高市皇子だろうと彼女は言う。
私も高市だといいなと思っていたので、素直に彼女の話に耳を傾けていた。

「高松塚とキトラは兄弟。」
古墳自体も類似点が多いが、高松塚の埋葬者も天武天皇の皇子である忍部皇子が最有力候補とされている。

「あなた、高松塚壁画も見に行くんでしょ?」
「いえ、応募するにも満員で無理だったんです。」
「大丈夫よ。当日必ずキャンセルが出るから行ってみなさい。」

彼女に出会わなければキトラの壁画だけで満足していたかもしれない。
私は壁画見学後、キトラ古墳を見てから高松塚壁画にも足を延ばしてみることに決めた。

「キトラは本当に可愛い古墳よ。」

こんもりと小さく盛られたその古墳は、まさか内部にこれほどまでの宝物が埋もれていたのか信じられないほどひっそりと存在していた。

長い長い時間、ここで埋葬者と共にそれらは眠りから覚めるのを静かに待っていたのだろうか。
私はしばし古墳の前に立ちすくんでいた。


キトラ古墳

キトラ古墳2

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。