I love Salzburg

旅先の大切な思い出を綴っています  since Sep. 1, 2007
MENU

富士は裾野。

もうひと月になる。
愛犬2匹を連れて母と2泊3日の旅に出掛けた。

私の運転ではこれまでで最も遠出となる『飛騨・信州・甲州の旅』。
終わってみると、3日間で1585kmも走っていた。


飛騨の目的は『奥飛騨温泉』。
2年半前に利用した宿がとても気に入って、今回で四度目の訪問となる。
これまで松茸の美味しい秋口に行くことが多かったのだが、宿の奥さんが「次はぜひ4月においでください。この辺りで採れた野草の天ぷらがとても美味しいから、せめてGWまでに来ていただけるとご馳走できますよ」と教えてくれていたこともあって旅程に入れた。

そして、本命の行き先というのが『富士山』だった。
それは決して登るのではなく見上げるだけの為だ。
これまで高速道路のSAだったり新幹線や飛行機からだったりと、一応富士の御山を見たことはあるが、そうじゃなく一つの場所で心ゆくまでのんびり眺めていたいと思ったのだった。
その思いが去年の暮れ頃から段々と大きくなって、もう行くしかない!と立ち上がった。

それは山梨側からの富士山。
そうなると、奥飛騨から山梨までの道筋には信州の松本があり、母の好きな松本城も外せない。
お城の近くの中町通りにあるお気に入りの佃煮屋『やまへい』さんにも立ち寄ろう。
そうやってどんどん行程ができあがった。


ところが、天気予報では三日間のうち二日があいにくの雨。
しかも、富士山の麓に滞在する日に限って天気が悪いという予報だった。

私はその口惜しさを奥飛騨温泉で泊まった宿の奥さんに零してみた。
宿を経営するご夫婦は横浜にも家があり、富士山周辺についても非常に詳しい。

奥さんは、「じゃあ、裾野を見てきたらいいわ。遠くの方は富士山の裾野を知らないでしょ」と言った。

裾野?
その時はなんで裾野?と正直思ったのだが、それは訪れて一番納得したことだった。
奥さんに教えてもらわなければ、悪天候で富士山の全貌を見れないくやしさだけが残ったと思う。
とてもいいアドバイスをもらったことに感謝。

本家本元の富士の裾野を見てしまうと、日本各地の富士山にはもう『富士』の名を使えないなと、地元・讃岐富士を思い浮かべながらそう思った。

それくらい富士の裾野の広さに心打たれたこの旅は、実は開花の遅れた満開の桜も彩を添えてくれた。
ちなみに、富士山麓ではオウムでなく鶯がよく鳴いていた。


そして、今後富士山を見に行くという方には、「それなら裾野を見て来るといいわ」とアドバイスすることに決めている。


9富士山・四季彩にて
ペンションより

9富士山・本栖湖より
本栖湖

13富士山・精進湖より
精進湖

13富士山・西湖より
西湖

5富士山・中央道より
中央道より

2松本城
松本城

1松本にて

15ウルス・奥飛騨温泉郷

21クリス・奥飛騨温泉郷

5臥龍桜
樹齢1100年の臥龍桜(岐阜県高山市)

4せせらぎ街道にて
せせらぎ街道(岐阜県郡上市)



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。